top of page

ウェストサイド


「ウェスト・サイド・ストーリー」


音楽や英語の授業でも取り上げられた学校も多いのではないでしょうか、ミュージカルの金字塔で1957年に初演、61年には映画化もされ、数々の賞を受賞した名作です。


アメリカを代表する音楽家レナード・バーンスタインによって作られた曲はどれも素晴らしく、本人のアレンジでのメドレー「シンフォニック・ダンス」をはじめ、オーケストラや吹奏楽でも人気のレパートリーとなっています。


僕自身も、中学二年生の時にコンクールの自由曲の候補として聴かされて以来(結局自由曲は違う曲になりましたが)すっかりその音楽に魅了され、オーケストラ盤だけでなくウェストサイドの曲を見つけては買って聴いていました。バーンスタインは指揮者としての名声が非常に高く、すばらしい演奏、録音をたくさん残していますが、ウェストサイド以外にも「キャンディード」「オンザ・タウン」「ミサ曲」「波止場」などたくさんの名曲を残しています。


ウェストサイドは金管五重奏のレパートリーとしても有名で、こちらも10回以上演奏しました。


そんなウェストサイドが再度映画でリメイクされるとなればこれは映画館で見るしかないです。


リメイクは外れることもあるので心配もあったのですが、結果としてとても満足度の高い映画でした。至る箇所にバーンスタインの音楽に対するリスペクト、原作、61年版の映画に対してもリスペクトが感じられ、歌も演奏もダンスも素晴らしいものでした。ウェストサイドの音楽をここまで大切にしてくれるのかと幸せな気持ちになり、映画の序盤ですでに泣いていました(笑


パンフレットはなく、メイキングブックという映画代よりも高い本が売っており、こちらも購入しました。ページ数が多いので、ゆっくり読み進めたいと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page