エージング

9月にもチラッと書いたのですが、仕事上ヘッドホンがもう一つ必要になりました。

色々迷ったのですが、やっぱり定番がいいなということで、今もってもスタジオレコーディングの定番モニターヘッドホン、CD900STをもう一つ買い足しました。


楽器もそうなのですが、ヘッドホンやスピーカーも買ったばかりだと本来の音を鳴らしてくれないので”エージング”と呼ばれる作業をします。

とはいってもある程度音楽を流し続けて音が鳴ってる状態にヘッドホンを慣れさせるだけなんですが(笑)


元々持っているものと聴き比べるとやっぱりいまいちこもった音になっています。


「クラシックの上から下まで幅広い音域がなっている静かな曲がいいよ」と言われたので、今回はそうしてみようと思います。


低い音まで出てくるとなると、ブルックナーとかがいいんでしょうか。


早くいい音がでてくるといいなぁと思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ