top of page

オンライン

都の自粛要請→政府の緊急事態宣言を受けて当教室も今月はお休みとさせていただきました。


友人知人の話を聞けば、意外と通勤している方も少なくなく、そういった方に比べると僕は割と引きこもって情報はテレビ・ネットからになっているので、ちょっと温度差というか、「警戒しすぎなのかも?」と思わなくもないのですが、生徒さんの健康を考えるとやはり今月はお休みにした方がいいのかなと思いました。


ただ、以前も書いたのですが、ちょっと心配なのは楽器を吹く機会が減ることで生徒さんの今までの積み重ねが後退することです。


そんなわけで、オンラインレッスンを考え、希望する生徒さんとやってみたのですが、お互いの回線環境が良好でないといけなかったり、通信が良くてもアプリの音声遅延があったりで、ちょっといままで自宅でやっていた内容に比べるとうーん、どうだろうかという感じでした。オンラインレッスンの環境はもう少し試行錯誤が必要なようです。


そこで、もうこれは今月はみんな自粛中だし、一緒に基礎練習をする月にしよう!

ということで、現在教室に在籍している生徒さんを対象に希望された方には無料でオンラインでの基礎練サポートをすることにしました。とくに子供たちは先月からほどんど外出を控えている状況ですので、ちょっと日常に変化があると気分も違うかなという意味もあります。


お声がけしたところ、何人かの生徒さんからやってみたいという声をいただいたので、先週くらいからちょこちょこと一緒に練習をしています。

僕自身、誰かに会う機会がかなり減ってしまっているので、一緒に練習することで僕も生徒さんから元気や勇気をいただいてると感じます。



そんなわけで、日時を決めてビデオ通話アプリで一緒に基礎練習を行っています。


基礎力をアップして力を蓄える、そんな期間にしてみるのもよいのかもしれません。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page