top of page

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。


否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。


自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれてゲーム機やグラフィックの性能がどんどん上がっていき、新しいジャンルが増え、といった時代とともに成長した世代で、「当時は親をはじめ周りの大人やテレビも「ゲームをやると頭がわるくなる」みたいな否定的な意見が多かった記憶があるので、そういったコメントも「確かになぁ」という思いです。


ただ、当時からゲーム音楽はドラクエなどのクラシカルな曲調からロックやジャズなど様々なジャンルの曲に溢れていて、当時は単純に曲が好きでいくつかサントラを持っていましたが、今聞いても当時の作曲者の方の感性の豊かさや知識、技術の高さには驚かされます。


大人になり、ゲームの音楽に関わらせていただく機会も得て、その道の方々と話すようになると、本当に色んな音楽的バックボーンを持つ方が情熱と努力で1曲1曲を作曲しているということがより分かるようになりました。


どの方も活動のジャンルに関わらず様々なジャンルとその技法、新しい楽器やパソコンの知識がどんどん更新されていくなかで常に研究、勉強し自分の音楽を作っています。


そんな作曲家のみなさんの情熱を知ることができた今ではこうして世界中でゲーム音楽が広く愛され認知されるようになったのも当然のことだと思います。

最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

Comments


bottom of page