コンクール

中高生も夏休みになり、今年も吹奏楽コンクールがはじまる季節です。


東京は感染者数は増えていますが、今年も去年につづき、コンクールは開催されそうでホッとしています。


コロナ以前と同じではないですが、出張で学校のレッスンや、教室にコンクールの曲を持ってくる子もいると夏がきたんだなとテンションが上がります。


音楽に優劣や勝ち負けをつけることへの批判は職業演奏家の中でもあるにはあるのですが、日本の管楽器のレベルを底上げしたのは吹奏楽コンクールの影響が大きと僕は思っています。

コンクールだけであれば、弊害もあるのかもしれませんが、吹奏楽部の活動はコンクールだけではないので、むしろ、年間の活動のありかたの方が音楽に対する考えや奏法を決めるのではないかと思っています。(変拍子やコンテンポラリーな作風をとりあげる選曲には若干心配しています)


僕のレッスンでも、コンクール曲はコンクール曲として必要なことを伝えたりします。

それは他の場面での演奏でも役に立つものなのは間違いないので、ぜひコンクールを通してレベルアップしてもらいたいと思っています。

最新記事

すべて表示

昔練習したエチュードを改めて練習してみると当時は気がつくことができなかった、課題に気づくことができて理解が深まるというよなことが結構あるので、定期的に過去に練習したエチュードを引っ張りだして吹いてみるようにしています。 今日はヘリングの24の練習曲集を冒頭から数曲練習してみました。 12調の練習曲が長調と短調で書かれていて全部で24曲からなっています。 調性とその進行を意識しながら音色の統一感を損