top of page

コンクール

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。


去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。


音楽に本来点数や優劣はないのかもしれませんが、こうやって良い結果を出すために表現や技術を磨くことで、その時は意識していなくても、結果、音楽的なことや技術的な学びを得られ、上達できたときに改めて音楽の深い部分まで見通せるようになる部分もあることを考えれば、コンクールが無意味というふうには僕には思えないです。


発表会、おさらい会もですが、自分で練習しているだけだとどうしてもなあなあになってしまう部分も、人前で披露する前提があれば、練習の細かさも、練習量も自然と変わってくると思います。


コンクールが終わると学校では学園祭やアンサンブル、定期演奏会などの本番に向かっていく季節ですね。


当教室も発表会の準備をしはじめる季節です。燃えた8月の熱気を持ったまま、2022年の後半も駆け抜けたいと思います!

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page