top of page

コンクール2021

テレビでは連日オリンピックについてあれこれ報道されていますが、吹奏楽人にとってはちょうどオリンピックの時期に去年中止になった吹奏楽コンクールが開催される予定です。


今のところ無観客での開催を予定していることもあり、まさかオリンピックはやるのにコンクールは中止なんてことにはならないだろうと思っています。特に学生の子たちは去年のうっぷんを晴らすべく、ステージでの演奏を思い切り楽しんでもらいたいなと思います。


教室のレッスンでも、学校への出張レッスンでもコンクールの曲をみてほしいと言われることが増えてきました。去年の中止発表は僕自身も辛く苦しい気持ちになったので、目標に向かって部員全員で良い演奏を目指す姿が今年は改めて素敵なことだなと感じてしまいます。


課題曲に関しては去年演奏される機会がなかった2020年版の課題曲が使われるということで、僕も気持ちを新たにもう一度聴き直し、読み直しをしています。



最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

Comments


bottom of page