コンクール2021

テレビでは連日オリンピックについてあれこれ報道されていますが、吹奏楽人にとってはちょうどオリンピックの時期に去年中止になった吹奏楽コンクールが開催される予定です。


今のところ無観客での開催を予定していることもあり、まさかオリンピックはやるのにコンクールは中止なんてことにはならないだろうと思っています。特に学生の子たちは去年のうっぷんを晴らすべく、ステージでの演奏を思い切り楽しんでもらいたいなと思います。


教室のレッスンでも、学校への出張レッスンでもコンクールの曲をみてほしいと言われることが増えてきました。去年の中止発表は僕自身も辛く苦しい気持ちになったので、目標に向かって部員全員で良い演奏を目指す姿が今年は改めて素敵なことだなと感じてしまいます。


課題曲に関しては去年演奏される機会がなかった2020年版の課題曲が使われるということで、僕も気持ちを新たにもう一度聴き直し、読み直しをしています。



最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ