top of page

サイレントブラス

現在コロナ対策で教室はいったんお休みにしいています。

一部、希望される方にはオンラインレッスンもはじめてみました。


ただ元々、トランペットという楽器の特性として「音が大きい」ということがあり、自宅で楽器を吹ける生徒さんは少ないです。


そういったみなさん普段は場所を変えて、練習をしていましたが現在はそれもなかなか難しいです。また、学校の部活で毎日吹いていた子も今はおそらくあまり練習できていないのではないでしょうか。


今回のことに限らず、練習場所について相談をいただくことはあるのですが、その時に紹介させていただいているのが「練習用ミュート」です。トランペットの朝顔部分に差し込むことで音を小さくするミュートで、いろんなメーカーから発売されています。


便利なのですが、音の出口を塞ぐのでどのミュートも口を手で覆ったまま話すような息苦しさを感じます。これは消音効果が高いミュートほどそうなります。


ヤマハから発売されている「サイレントブラス」はその息苦しさをうまく軽減しつつ、消音効果も高いので生徒さんにも紹介することがあります。

自分も音出しが難しい場所で吹く場面がある時など持っていき、使っています。

テレビの音よりも小さくなるので練習場所が確保できないときには非常に助かります。




ミュートにケーブルを接続すると、まるでミュートをつけずに吹いている音を聴きながら練習することもできますが、持っている人の話を聞くと、だいたい最終的にはその機能は使わず、ミュートだけ使うようになるようです(笑)


デメリットもあります。出口を塞いでいるのでそれでばかり練習すると息をあまり使わなくなったり、音の到達点が近くなってしまうこともあります。(意識することで回避できる?)

できればつけて練習する日のほかに、つけずに練習する日も同じだけ欲しいところではあります。


とはいえ、今はどこに出歩くにもリスクのある時期ですので、お家でオープンで吹けない方はこういったミュートの導入も検討してもいいのかもしれません。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

Commentaires


bottom of page