トランペット

コロナの流行で人と人の距離が離れてしまっています。


音楽はひとりでもできますが、やっぱり誰かと音が出したい。

誰かと演奏することができなくなって改めて、誰かと演奏することの素晴らしさを感じています。


そんな状況が続いて、若干落ち込んだりもしたのですが、先日YouTubeでこんな動画を見つけました。





コロナと闘う医療従事者さんたちに向けて書かれた曲を、世界中のトップトランペッターたちが演奏しています。


ひとくちにトランペッターといっても実は結構活動範囲はいろんなジャンルがあるのですが、この動画ではオーケストラ、ソリスト、ジャズやスタジオ、いわゆるハイノートプレーヤーと呼ばれる人など、ここまでジャンルレスにいろんなトランペッターが演奏しています。


ヴィズッティ、アントンセン、トーマス・ガンシュ、ティル・ブレナー、バージェロン、エリックなどなどなどなど…。


いろんな人がいろんなサウンドを奏でています。


「あぁ、やっぱりトランペットって素晴らしい楽器だな」


と思いました。


人を勇気付ける、前を向きたくなる、そんな音色を持つ楽器だなと思いました。

最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ