トランペット

コロナの流行で人と人の距離が離れてしまっています。


音楽はひとりでもできますが、やっぱり誰かと音が出したい。

誰かと演奏することができなくなって改めて、誰かと演奏することの素晴らしさを感じています。


そんな状況が続いて、若干落ち込んだりもしたのですが、先日YouTubeでこんな動画を見つけました。





コロナと闘う医療従事者さんたちに向けて書かれた曲を、世界中のトップトランペッターたちが演奏しています。


ひとくちにトランペッターといっても実は結構活動範囲はいろんなジャンルがあるのですが、この動画ではオーケストラ、ソリスト、ジャズやスタジオ、いわゆるハイノートプレーヤーと呼ばれる人など、ここまでジャンルレスにいろんなトランペッターが演奏しています。


ヴィズッティ、アントンセン、トーマス・ガンシュ、ティル・ブレナー、バージェロン、エリックなどなどなどなど…。


いろんな人がいろんなサウンドを奏でています。


「あぁ、やっぱりトランペットって素晴らしい楽器だな」


と思いました。


人を勇気付ける、前を向きたくなる、そんな音色を持つ楽器だなと思いました。

最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ