top of page

マウスピース話 その1

金管楽器は全て、唇に触れる部分、マウスピースを楽器に取り付けて演奏します。

このマウスピースですが、いろんなメーカーがいろんなサイズのマウスピースを販売しています。


唇に直接触れるリムの形状や太さ、カップのえぐり方やサイズもマウスピースによってさまざま違いがあり、金管奏者はそれぞれ自分に合ったマウスピースを選びます。


スポーツにおけるシューズを選ぶことを想像していただけるとわかりやすいかもしれません。


プレイする種目によってもシューズの形状は違いますし、選手に合ったサイズ、足の横幅まで考えると似たサイズでもこだわるプレーヤーによっては「よりベスト」を求めるはずです。正解がないところも似ています。


トランペットのマウスピースはまず演奏するジャンルによってカップサイズの傾向は分かれていますし、演奏する人の息のパワーや歯並びなどでも吹きやすいと感じるマウスピースはさまざまです。


最近、何人かの生徒さんからマウスピースの相談を受け、アドバイスしたのですが、今日はそのうちのおひとりのお話です。


ここ最近、タンギングのクリアさが課題だった中学生の生徒さんがいたのですが、良い時期もあったのですが、一定期間をすぎても大きな改善がなく、今月に入ってからはタンギングだけでなくより吹きにくそうに見えました。息の流れを楽器に伝えてコントロールすることにとても不自由な様子でした。


いくつか話を聞き試す中で、使っているマウスピースが小学校の時から変わらず、比較的小さいサイズのマウスピースを使っていることに引っかかりを感じました。その生徒さんは小学校時代に比べて身長は結構伸びています。傾向として身長が伸びれば肺活量も増えますし、頭蓋骨の形状も大人になるに従って縦に長く変わるそうです。


そこで、僕のもっているマウスピースから今のものよりも少しサイズを大きくしたものを何本か試してもらったところ、明らかに今よりも吹きやすく、音もよくなり、タンギングもクリアーになるマウスピースが数本ありました。


マウスピース選びの難しさとして、「その時はよかったけど何日か試すと何か違う」みたいなことがちょくちょく起こります。ただ、ここまで大きくいろんなことが改善することもあまりないので、お母さんに事情を説明し了承をいただいた上で、一番吹きやすそうなマウスピースを数日試してもらうことにしました。

「すこしでも合わないなと感じたらすぐ元のマウスピースを使ってね」と本人とお母さんにお伝えして今週、結果を聞くことになっています。


よい方向にいくといいなと思って次回のレッスンを待っています。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page