top of page

マルサリス来日

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、


ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら


個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが)


僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。


世界屈指のテクニックをもったトランペット奏者であり、ジャズの歴史に大きな影響を与えたアーティスト。「伝説の」とか「巨匠」と呼ばれる数少ないトランペッターの一人で、2018年の前は10年以上来日していませんでした。


2019年のコンサートも行きましたが、ライブの内容、客席の反応ともに「大成功」とよべるものだったので、もしかしたら近い将来また来てくれるんじゃないかとは思っていたのですが、それでもコロナの影響もあって約4年ぶりの来日です。


僕も(アルバムの数も多いというのもあるんですが)、たぶん人生で一番聞いたトランペット奏者3人のうちの1人なのは確実です。


またすぐに来日してくれるかもしれないし、また数年開くかもしれない、興味があり、日程があうのであれば聴きにいったほうがいいライブなのは間違いないと思っています。


今から楽しみです。

最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

Kommentare


bottom of page