top of page

リズムが苦手な話

今が得意かと言えばそういう訳ではないんですが、学生時代はリズムが本当に苦手で。


レッスンをさせていただいていても、リズムが苦手な生徒さんは多いように感じます。


最近も、少しリズムについて説明することが続いたので考えてみました。


自分は、ある時期に急に「こうすればいいのか」が感覚としてわかったのですが、それを理屈で説明するのがなかなか難しいです。


自転車に乗れる前と乗れた後みたいな感じでしょうか、乗れてしまえば「自転車に乗るためには」についてあまり考えないし逆に乗れない人に説明するのも難しいと思います。リズムにもそういう「乗りかたが感覚で理解できる」部分があるように思います。


なので全てを説明することはとても難しいのですが、今回は自分が身につけた時にわかったことをあげてみます。



・リズムと音読みを同時に行おうとして両方できなくなっていることがある


音読みには「音名」「音程」「指」の情報があってこれが反射的にわからないとき、リズムもわからないと全部ぐちゃぐちゃになり、何回練習してもうまくいかないように感じます。


複雑なフレーズは音とリズムは一度分けて、リズムを確認してから口頭でリズム通りに音を言えるか試してみて、できたらそれに合わせて指を動かしてみるなど、少しずつやることを増やしていって最後に楽譜通り演奏できるところを目指してみると解決します。



・どんなリズムが書いていても小節と拍のサイズは変わらないことを身体で感じるとうまくいく。


曲を聞きながら身体が揺れるとき、一定の感覚で揺れると思いますが、1小節を通過する時間、1拍1拍の時間は基本的に一定で、体の揺れはこれを無意識に動作に変換しているだけです。


なので、演奏するときも体を揺らすのと同じようにテンポが一定で流れていて、それが集まって「小節」になってそれがループしていることを体で感じながら、そのループ幅が変わらないように、それぞれの[拍]というボックスにどんな音形(タンタカやタタータなどのパターン)が入っているかをリズムパターンのカタマリとしてボックスにはめていくように考えます。


そしてリズムが多少崩れても、次の小節の1拍目の音がメトロノームとずれないようにすると、1小節単位の時間の長さが感覚的に掴めてリズムに乗りながら演奏する感覚が掴めるように思います。



うーん、書いてはみたものの、文字だけではやっぱり難しいですね(汗)



レッスンでも色々な教材も使いながらリズム感を養っていっています。

人によって感じ方も様々なので今後もその人にあった説明を一緒に考えながら上達の手助けをしていきたいと思います。





最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page