top of page

レコード2

前回に続いてレコード話です。


セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。

(買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!)


予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗!

そんなふうに感じました。


色々なレコードを再生してみましたが「データ再生とやっぱり音が違うんだな」というのもわかりました。

デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがありました。気のせいかと思い何人かの方に聞いてもらいましたがやっぱり違うようです。


一般的に言われていることとして、レコードは波形そのものを盤面に刻んでいるので、人間の耳に聞こえない、聞こえにくい帯域まで含まれている、逆に普段耳にするデータはそれらの帯域はデータサイズの都合もありカットされるので、音の情報量はアナログの方が豊かだということのようです。


アナログ盤の方が音が優しくブレンドされていてふくよかな印象があります。一方で、デジタルの方が音の分離は明瞭で楽器ごとのニュアンスやディティールは見えやすい気がします。



ただ、自分の環境の場合だと、それぞれに良さはあって、曲や、そのときの楽しみ方によってどちらがいいというのはあまりないなという印象でした。


レコードは実際に音が再生される過程が目の前に見られるというのは今のご時世逆に新鮮味があって、音楽を再生するのが楽しいと感じるなとも思いました。


CDで持っているものでもアナログ盤があるなら聞いてみたいものもいくつかあるので、少しずつ探してみようと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page