top of page

レッスンで使っている基礎練本

当教室では基礎練習のメニューとして、僕が作成した本をお渡ししています。


去年印刷、作成したもので、あくまで自主制作本ではありますが、良い物を作ることができたなと、ちょっと自信を持っています。











楽器を職業にすると言ってもいろんなバランスがありますが、僕の場合は近年は特にレッスンにかける比重がとてもとても多くなっています。

(同業の友達と話すと、生徒さんの人数には結構びっくりされます。)


プロオーケストラに在籍するトランペット奏者さんなどは、音大生、音大志望生を中心に指導されている方も多いですが、逆に僕の教室にこられる生徒さんはプロではなく、趣味として音楽、トランペットを楽しみたい方が多くいらっしゃっています。


そんな方達と10年を超えてレッスンを続けていく中で、自分の中に「始めたばかり〜中級者の方がやった方がいいこと、悩むところ」の情報が貯まっていきました。


この本はそんなレッスンの中で「こんな本あると講師の先生も生徒さんもいいのになぁ」と感じた内容をまとめたものになっています。


「いろんなレベルの人がその人の段階に合わせた負荷で必要な練習を積むことができる」

がコンセプトで、8段階に分かれた基礎練メニュー集となっています。


1つのレベルを数ヶ月〜年取り組んで、負荷に慣れたら次のステップにすすむ、そんな本です。


この本を印刷するにあたり、複数のプロトランペット奏者の方々に内容をチェックしてもらい、「これは自分だけでなく活用してもらえる」と思って印刷しました。


チェック時にあるプロオーケストラ在籍の友人に言われた


「これは自分には書けない」


というセリフは僕の中では少し自慢話だったりします。



最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page