半分すぎましたね

今月も半分がすぎたことに若干衝撃を受けています。


自分も含め、いろいろな場所がちょっとずつ動きはじめたことで、感覚を取り戻すことにかまけているうちに時間が経ってしまいました。


学校も少しずつ始まって、今週からまた通学日数や時間がのびたり、早いところでは少しだけ部活動も再開しているそうで、吹奏楽もまだ制限は多いですが、仲間と演奏できる日々が

戻ってきたことは自分のことではないですがとても嬉しいニュースだなと思いました。


レッスンも久しぶりに生徒さんと対面できて、一緒に吹くことができる喜びを日々感じています。


みなさん音量や息の距離感、デュエット時の耳から入る情報に対応するスピード感など、楽器もちょっとずつ感覚を戻す月になると思いますが、僕が思っていたよりもみなさん早く感覚を思い出していて、嬉しい誤算でした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ