夏休みの宿題2

昨日の部材を組み立てました。カットさえされていればネジどめしていくだけのものなので、2時間かからないくらいの作業でした。


作成したのはこちら、レコード入れ兼ローテーブルでした。

レコードが少し増えてきて、収納できるボックスがあるといいなと思ったのと、イスの横にちょっとした物を置けるスペースが欲しかったのでキャスター付きで作ってみました。


現状なかなか木材感が強いので、また時間がある時に塗装含めて見た目を少しかっこよくしたいなとも思っていますが、8月の工作は一旦これで完成です。


定期的にDIY熱が高まるので木材の高騰も少しおさまってくれるといいのになと願っています。


さぁ、明日から9月、また来月も頑張っていきます!

最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に

トランペットは音を出す時に唇と息の流れ、マウスピースのカップから返ってくる抵抗感などの複数のポイントのバランスで音程や音量を調整しています。このバランスには特に決まりはないのでいろんな人を見ていると人によってバランスの取り方が違います。 ややこしいのはどこかのバランスが崩れるとほかのポイントで補えるのでバランスが崩れていることにすぐに気づきにくいことです。 息を吐くための筋肉の感じ方はその日の体調