定期演奏会

昨日はここ3年ほど指導に伺わせてもらっている高校の定期演奏会があるということで、聴きにいってきました。


コロナになって、学生の(学生以外もですが)演奏活動がとても制限されて、胸が痛い気持ちでいたのですが、今年、この学校は無事演奏会を開催することができました。


しかもフルサイズ、アンコールまで含めると2時間半のプログラムを最後まで演奏しきることができました。


コンクールか定期演奏会で引退になる学校が多いですが、この学校も定期演奏会で引退です。

そういう演奏会は、演奏に気持ちが一個乗っているというか、「このメンバーで演奏するのは今日で最後だな」とか「今までみんなのおかげで楽しかったな」みたいな感情が演奏に入っているのが客席からもしっかりと伝わってきて、演奏内容うんぬんの前に涙腺が緩んでしまうのは、そういえば以前はなかったことので、まぁ僕も、そういうことなんだろうなと思うわけです。


昨年は残念ながら中止になっていたのですが、その時の3年が、今年OBとして1曲ステージで演奏していたのもよかったなと思いました。


レッスンでは息のこと、楽器を鳴らす方法を話していたのですが、きちんと客席後ろのほうまでトランペットパートの音がしっかりとした輪郭で飛んできていて嬉しかったです。


いろいろ感じること、考えることの多い演奏会でしたが、開催できて本当によかったな、3年生は3年間ご苦労様、在校生もまた頑張ろうねという気持ちで自分も来年に備えようと思いました。

最新記事

すべて表示

去年からレッスンに通うようになった高校生の生徒さんがいます。 教室に問い合わせをしたきっかけが、今年高校三年の吹奏楽コンクールのメンバーを決めるオーディションを通過したいというものでした。 演奏を聴いてみて、なんだか高校生時代の自分を見ているような気持ちになりました。 何を変えなければいけないかもそうですし、今なんでそのように演奏しているのかもなんとなく分かります。 そうか…1年か…と思いました。

ここ3週間ほどオートミール生活をしています。 主に昼と夜の炭水化物をオートミールにするというかんじです。 数年前、某会員制スーパーで巨大なオートミールの袋を買った時は味も匂いもどうしても合わずにギブアップしたのですが、最近のブームでいろいろな種類のオートミールがスーパーでも並ぶようになり、レシピのいろんなところで紹介され、「今だったらいけるかな?」という気がしてトライしてみています。 僕は日清の「

今月、ゴールデンウィークに防音室を体験しに行ってきました。 当教室は防音仕様の部屋になっているので、僕自身は新しく防音室は必要ないのですが、生徒さんから練習場所について「みなさんどうされてるんですかね?」と聞かれることはあるので、最近の防音室事情も一度確認してみたいなと思っていました。 先月ある方から、大宮の一つ隣の「さいたま新都心駅」の商業施設に入っている島村楽器さんの中に結構いろいろな防音室が