定期演奏会

昨日はここ3年ほど指導に伺わせてもらっている高校の定期演奏会があるということで、聴きにいってきました。


コロナになって、学生の(学生以外もですが)演奏活動がとても制限されて、胸が痛い気持ちでいたのですが、今年、この学校は無事演奏会を開催することができました。


しかもフルサイズ、アンコールまで含めると2時間半のプログラムを最後まで演奏しきることができました。


コンクールか定期演奏会で引退になる学校が多いですが、この学校も定期演奏会で引退です。

そういう演奏会は、演奏に気持ちが一個乗っているというか、「このメンバーで演奏するのは今日で最後だな」とか「今までみんなのおかげで楽しかったな」みたいな感情が演奏に入っているのが客席からもしっかりと伝わってきて、演奏内容うんぬんの前に涙腺が緩んでしまうのは、そういえば以前はなかったことので、まぁ僕も、そういうことなんだろうなと思うわけです。


昨年は残念ながら中止になっていたのですが、その時の3年が、今年OBとして1曲ステージで演奏していたのもよかったなと思いました。


レッスンでは息のこと、楽器を鳴らす方法を話していたのですが、きちんと客席後ろのほうまでトランペットパートの音がしっかりとした輪郭で飛んできていて嬉しかったです。


いろいろ感じること、考えることの多い演奏会でしたが、開催できて本当によかったな、3年生は3年間ご苦労様、在校生もまた頑張ろうねという気持ちで自分も来年に備えようと思いました。

最新記事

すべて表示

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 ちょこちょこと業務的なことはその前にもありましたが、今日から2022年のレッスンが始まりました!みなさん今年もたくさん吹きましょう! 部屋もいつもよりも細かいところも掃除して、気持ちも新たに! と思っていたら、 雪が降ってきました! しかも結構しっかりと! 以前の住居は賃貸だったので、管理人さんが雪かきもしてくれたりしてたのですが

あと数時間で2021年も終わります。 生徒さん、保護者のみなさま、本年も大変お世話になりました。 今年もコロナの猛威は吹き荒れましたが昨年に比べるといくらか再開できた活動もあり、少しずつではありますがかつての日常に戻っているのかなと希望も感じています。 教室としても、普段通われてる生徒さんからも活動の再開を教えていただいたり、レッスンを再開された方、新規で通い始めた方なども昨年にくらべて増え、昨年

先週、親知らずを一本抜きました。 自分のイメージではもう少し先の話のつもりでいたのですが、最近食べ物がつまるようになり、隣の抜く必要のない歯に虫歯ができてきてしまっていたので、スケジュールを考えるとこのタイミングで抜くしかないのかなということで、「抜いてください」と歯医者さんにお願いしました。 過去に抜いた親知らず同様、真横に生えるタイプの親知らずだったので、時間がかかるのはなんとなく覚悟していた