帰省していた話

今日で7月も終わりです。

ですが、すっかり忘れていたのですが、6月に帰省していたことを書くのを忘れていました。


コロナが国内で少し出てきた頃から帰るのを控えていたので約3年帰っていませんでした。


地元が大好きな僕としては3年はとても長いものでした。特に去年の後半くらいからは帰れないことに対してのストレスが自分でも自覚できるくらいに溜まっていたので、今回の帰省は本当に楽しみで、それだけにとても充実したものでした。


久しぶりの帰省だったので、あちこち連絡して色々な人にも会え、懐かしい話やお互いの近況などの話に花を咲かせることができました。


青森は結構美味しい食べ物が多いと思っているのですが、今回はりんごを味わうことが多めでした。

↑りんごのシャーベット。品種別になっていて3種類のりんごを選べます。

↑ワッフルにも当然のようにりんご。

↑りんごのカクテル、その名も「リンゴスター」。多分大丈夫。

↑リンゴジュースだけの自動販売機。これもお好みの品種を選べます。


大満足の帰省でしたが、帰って数日も経つと早くも恋しい気持ちが湧いてきて少し困ります。

今度はいつ帰れるか、その日をまた楽しみにしています。

最新記事

すべて表示

円安だとかウッドショックだとか色々な理由で物の値段が上がっていますが、楽器系の値段も、もちろんトランペットの価格もあがっています。 トランペットという楽器は、管楽器の中では値段は低めな楽器なので、趣味の方も、プロの方も使っている楽器に差はないのですが、そんなトランペットの日本国内シェアを大きく占めるBachの180MLというモデルがあるのですが、もともとちょっとずつ値上がりしていたのですが、少し前

中高生も夏休みになり、今年も吹奏楽コンクールがはじまる季節です。 東京は感染者数は増えていますが、今年も去年につづき、コンクールは開催されそうでホッとしています。 コロナ以前と同じではないですが、出張で学校のレッスンや、教室にコンクールの曲を持ってくる子もいると夏がきたんだなとテンションが上がります。 音楽に優劣や勝ち負けをつけることへの批判は職業演奏家の中でもあるにはあるのですが、日本の管楽器の