top of page

数原晋さん

4月ごろ、日本のスタジオトランペット界の伝説、数原晋さんが亡くなったそうです。


おそらく日本で一番有名なトランペットの音といえば数原さんの音のはずで、ラピュタの「ハトと少年」、必殺仕事人、はぐれ刑事、昔の金曜ロードショーのオープニング「Friday Night Fantasy」などなど、日本人がイメージするトランペットの音色って、ひょっとしたら数原さんの音なんじゃないかなという気もしなくもない、大変偉大なトランペッターでした。


僕は直接お会いする機会はありませんでした。一度お会いしてみたかった…。


自分が聴いて育った、憧れたトランペッターもすこしずつ旅立つニュースが入ってくるような年齢になったのだなとも、しみじみ。


ご冥福をお祈りいたします。

最新記事

すべて表示

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

電車旅

ドラマのお話なのですが、最近見はじめて楽しいと思ったのが「#居酒屋新幹線」という30分ドラマです。 Netflixにあって見ていたのですが、ちょうどこの1月からシーズン2が始まったようで、嬉しいタイミングでした。 出張の多いサラリーマンが、出張先で売っているその土地の食べ物とお酒をチョイスして、帰りの新幹線でひとり居酒屋気分を楽しむドラマなのですが、主役の美味しそうなリアクションと土地土地の料理の

bottom of page