数原晋さん

4月ごろ、日本のスタジオトランペット界の伝説、数原晋さんが亡くなったそうです。


おそらく日本で一番有名なトランペットの音といえば数原さんの音のはずで、ラピュタの「ハトと少年」、必殺仕事人、はぐれ刑事、昔の金曜ロードショーのオープニング「Friday Night Fantasy」などなど、日本人がイメージするトランペットの音色って、ひょっとしたら数原さんの音なんじゃないかなという気もしなくもない、大変偉大なトランペッターでした。


僕は直接お会いする機会はありませんでした。一度お会いしてみたかった…。


自分が聴いて育った、憧れたトランペッターもすこしずつ旅立つニュースが入ってくるような年齢になったのだなとも、しみじみ。


ご冥福をお祈りいたします。

最新記事

すべて表示

バズィング

ウォームアップの時にマウスピースを使ってのバズィングに関してはプロの演奏家も人によってやったりやってなかったり様々で、それについてはやりやすい方を選べばいいのかなと思うのですが、レッスンをしていると、高音が苦手が方はバズィングの音域も低い傾向はあるなと感じます。 単純にバズィングで高音域を鳴らせないというだけではなくて、低、中音域からグリッサンドで上がれる上限が低いと楽器をつけたときも曲で高音域を