数原晋さん

4月ごろ、日本のスタジオトランペット界の伝説、数原晋さんが亡くなったそうです。


おそらく日本で一番有名なトランペットの音といえば数原さんの音のはずで、ラピュタの「ハトと少年」、必殺仕事人、はぐれ刑事、昔の金曜ロードショーのオープニング「Friday Night Fantasy」などなど、日本人がイメージするトランペットの音色って、ひょっとしたら数原さんの音なんじゃないかなという気もしなくもない、大変偉大なトランペッターでした。


僕は直接お会いする機会はありませんでした。一度お会いしてみたかった…。


自分が聴いて育った、憧れたトランペッターもすこしずつ旅立つニュースが入ってくるような年齢になったのだなとも、しみじみ。


ご冥福をお祈りいたします。

最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ