top of page

暑いのでだしを

毎年5月は一回すごく暑くなりますね。

そのあとちょっと涼しくなって梅雨入りって流れだと思うんですが、今年は梅雨入りが早いそうです。


昨日と今日は天気があんまり良くないですが、それでも湿度も高くてムシムシします。


そんな日はなんとなくさっぱりとしたものが食べたいなということで、山形の「だし」を作ってみることにしました。


夏野菜を刻んで漬けるだけということなので、いろいろ買ってきました。



きゅうり、ナス、ピーマン、おくら、大根、大葉、やまいも、みょうが


ひたすら刻んで漬け汁と合わせて混ぜ込みます。



そのあと1日寝かしたら完成。

ご飯や豆腐など味が薄いものにのせて食べます。


今回は素麺にのせてみました。


どうやら成功だったみたいです。

ほどよいとろみと野菜のシャキシャキ感が涼しさを感じさせてくれます。


大量につくったなーと思ったのですが、案外すぐなくなりそうです。

最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

Comments


bottom of page