top of page

最近のあれこれ2

トランペットのタンギングとしてメインで使われるのは3種類、シングル、ダブル、トリプルタンギングです。


後になるほど使用頻度は少なく、トリプルタンギングはあまり出番がないので、人によっては練習する機会がなかった方も結構いらっしゃるようです。


発音の仕方はtutukuで、これはアーバンのトリプルタンギングのページにもそう書いてあるので日本の奏者はここからtutukuだと認識する方が多いんじゃないかと思います。


この間生徒さんから、「tukutuのほうが言いやすいのですがダメですか?」と質問がありました。


僕としては「出てくる音がニュアンスとして問題なければ別によいのでは」とも思ったのですが、一方でtukutuで発音している人が思い浮かばなかったので、トランペットの友人たちにもアンケートをとってみました。


結論、全員がtutukuでした。


「問題なければ別によいのでは」という意見も共通していましたが、やはりkuの発音はしっかり練習してもtuに比べてこもりやすいので、tukutuだと強弱強になって3連のバランスとしてあまりよろしくないこと、連打した時に拍の感じがずれて聞こえる可能性があるのでtutukuで練習した方がよいと思うということで意見が一致しました。


確かに僕も始めはtutukuは言いにくかったのですが、歩きながら、お風呂に入りながらtutuku tutukuと言っていたら慣れました。一度できてしまうとその後は迷うこともないのでやってみることをお勧めしたいです。

最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

Comments


bottom of page