楽器ケースに雨対策してみた

梅雨ですね。


今年はまさに梅雨といった天気が続いています。

来週もどんよりした週の予報がでていて、週間天気予想を見るだけで気持ちまでどんよりしてきます。




去年、楽器ケースを慎重しまして、結構気に入って使っているのですが、


こちら














手前についている小さなバッグ部分が出っ張っていることもあり、傘を刺しても傘からはみ出て濡れてしまいます。


小さいバッグは布製ですし、そうでない部分もできれば雨晒しにはしたくないと思い、以前生徒さんのお一人がやっていた



リュック用カバーを楽器ケースに被せる



を採用してみることにしました。


ちょっと大きめのリュックカバーを購入。被せてみました。

こんなかんじです。















すっぽり被せることができてなかなかいいのではないでしょうか


反射する模様も入っているのがありがたいです。



次の雨の日の外出時に使用感など確認が楽しみです。






最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ