top of page

機械は嫌いじゃないけど…

色々とできないことが多い日々ですが、逆に今だからできることもあったりします。

PC周りの設定を見直すことも、まとまった時間が確保できないとなかなかできません。


そんなわけで本日は機材周りの設定を少し考え、いじってみました。


自分のPCデスクは今いろんな機材がついていて、それをコントロールするためのアプリがたくさん入っていますが、毎回増築のような感じで継ぎ足していったので、いまいち各機材の連携が不便で、それが原因で使わなくなってしまったものもあったりしたので、せっかくなのでと今日は音の入出力周りをいじってみました。ちょっぴりですが、取り回しがよくなって作業がしやすくなったように思います。

僕自身は機械をいじるのは嫌いではないのですが、使える人の中で言えば特段詳しいわけではないです。なんですが、一時期、得意だという印象が周囲で強くなったためにあっちからこっちから質問があつまって、謎の無料サポートセンターみたいになってしまったこともあったのでちょっぴりそこは気を付けていたりします。

クラシック業界は今まであまりPC周りの環境については詳しい人は詳しいけどまったくわからなくても大丈夫な方も多かったのですが、今回のコロナ自粛の件でいろんな人が試行錯誤しながらPC環境を整備しているようです。


苦しい日々ですが、意外とこれがきっかけで変化する部分はいいこともあるのかなと思うと、ちょっとだけ明るい気持ちになります。






最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page