発表会まで1ヶ月

今日で当教室の発表会まで1ヶ月です。


毎年、会場の予約抽選が半年前に始まるので、今回の抽選は6月のアタマに行われました。


ご存知のとおり、今年は4、5月と緊急事態宣言があり、当教室もお休みをさせていただきました。当然予定していた演奏活動その他の活動も全て中止。世の中も学校、職場、いろいろな活動がストップしたあの時期は今思い返すと本当に苦しい日々でした。


そんな身動きも取れず、先の見えない時期でしたが春は教室的に毎年のスケジュールでいくと発表会の会場を確保するために動いている時期。今年の発表会をどうしようかと発表会を運営する講師で話をしました。


参加される生徒さん、しない生徒さんはいらっしゃいますが、発表会は当教室において一番大きな行事です。参加される生徒さんはここに向けて練習を重ね、高揚と緊張をもってステージに立ちます。


ステージでソロを吹く経験は、それでしか分からないことがたくさんあります。そして音楽は最終的には人に届けるものです。そこを目指していただくということは教室の活動としてもとても重要な意味を持っています。


それを踏まえて5月末、「冬にコロナがどうなっているかは分からない。今よりも感染が広がる可能性もある。でも、やれる可能性があるなら準備をしよう。教室としてステージを用意しよう。」という結論を出しました。


今、国内では再び新型コロナの感染が拡大しつつあります。何が原因になっているのか、この先どうなるのかはまだわかっていません。


ただ、現時点で、教室としては世の中が感染に注意しつつ日常の活動を継続することができている限りは当日まで出演者の方がよりよい演奏ができるよう準備のお手伝いをしていきたいと考えています。



最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ