top of page

発表会まで1ヶ月

今日で当教室の発表会まで1ヶ月です。


毎年、会場の予約抽選が半年前に始まるので、今回の抽選は6月のアタマに行われました。


ご存知のとおり、今年は4、5月と緊急事態宣言があり、当教室もお休みをさせていただきました。当然予定していた演奏活動その他の活動も全て中止。世の中も学校、職場、いろいろな活動がストップしたあの時期は今思い返すと本当に苦しい日々でした。


そんな身動きも取れず、先の見えない時期でしたが春は教室的に毎年のスケジュールでいくと発表会の会場を確保するために動いている時期。今年の発表会をどうしようかと発表会を運営する講師で話をしました。


参加される生徒さん、しない生徒さんはいらっしゃいますが、発表会は当教室において一番大きな行事です。参加される生徒さんはここに向けて練習を重ね、高揚と緊張をもってステージに立ちます。


ステージでソロを吹く経験は、それでしか分からないことがたくさんあります。そして音楽は最終的には人に届けるものです。そこを目指していただくということは教室の活動としてもとても重要な意味を持っています。


それを踏まえて5月末、「冬にコロナがどうなっているかは分からない。今よりも感染が広がる可能性もある。でも、やれる可能性があるなら準備をしよう。教室としてステージを用意しよう。」という結論を出しました。


今、国内では再び新型コロナの感染が拡大しつつあります。何が原因になっているのか、この先どうなるのかはまだわかっていません。


ただ、現時点で、教室としては世の中が感染に注意しつつ日常の活動を継続することができている限りは当日まで出演者の方がよりよい演奏ができるよう準備のお手伝いをしていきたいと考えています。



最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page