繰り返すことのメリット

レッスン以外の日にも練習してくださいねとお話しすることは多いのですが、今日はこの、普段練習することの意味を書いてみたいと思います。

練習を繰り返すことで何を得ようとしているかというと、「順応」と「強化」なのかなと思っています。


もともと人の唇は金属にくっつけて振動させる用途では作られていませんが、トランペットはこれを意図的に行い、息の出る穴の大きさを調整しながら息のスピードや角度を変えて音を出します。これに加えて楽譜を目で追い、指も動かすということでかなり繊細な物を含む色んな動作を同時に行っています。


なので、基礎練習ではその動作をなるべくシンプルに抽出したものを反復練習し、曲の中でできない部分はそこだけとりだして繰り返し練習することで、アタマと身体にその動作を覚えさせることを目指します。


単純に動作を覚えるだけでなく、繰り返すことで、余計な動作や考えが削ぎ落とされて最初の頃より少ない思考、動作で行えるようになり、他のことにエネルギーを使えるようになります。こなれた、洗練された状態になります。


また、トランペットを吹くうえで使う心肺周りや様々な筋肉も日々使ってあげることで気づかないくらいちょっとずつ強化され、出せる音量やスタミナ、コントロール力が上がっていきます。


練習する習慣をつけるとそれだけで「順応」と「強化」は起こると思いますし、部活動など、すでに練習習慣がある方は、さらに「何を順応、強化させたいか」を意識して練習を組み立てると効果の高い練習時間になるのではないかなと思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ