top of page

繰り返すことのメリット

レッスン以外の日にも練習してくださいねとお話しすることは多いのですが、今日はこの、普段練習することの意味を書いてみたいと思います。

練習を繰り返すことで何を得ようとしているかというと、「順応」と「強化」なのかなと思っています。


もともと人の唇は金属にくっつけて振動させる用途では作られていませんが、トランペットはこれを意図的に行い、息の出る穴の大きさを調整しながら息のスピードや角度を変えて音を出します。これに加えて楽譜を目で追い、指も動かすということでかなり繊細な物を含む色んな動作を同時に行っています。


なので、基礎練習ではその動作をなるべくシンプルに抽出したものを反復練習し、曲の中でできない部分はそこだけとりだして繰り返し練習することで、アタマと身体にその動作を覚えさせることを目指します。


単純に動作を覚えるだけでなく、繰り返すことで、余計な動作や考えが削ぎ落とされて最初の頃より少ない思考、動作で行えるようになり、他のことにエネルギーを使えるようになります。こなれた、洗練された状態になります。


また、トランペットを吹くうえで使う心肺周りや様々な筋肉も日々使ってあげることで気づかないくらいちょっとずつ強化され、出せる音量やスタミナ、コントロール力が上がっていきます。


練習する習慣をつけるとそれだけで「順応」と「強化」は起こると思いますし、部活動など、すでに練習習慣がある方は、さらに「何を順応、強化させたいか」を意識して練習を組み立てると効果の高い練習時間になるのではないかなと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page