良いお年を

2020年も今日で最後です。


今年は何をおいてもコロナに振り回された1年でした。

まだ続いてはいますが、来年は今年よりはよい1年になってくれればと願わずにはいられません。


今年のはじめ、教室、音楽活動もとても厳しい状況に置かれました。

「感染を防ぐには動いてはいけない」と言われてどうすればいいのか、悩みに悩みました。


生活面の不安の中、それでも感染を広げるリスクはとれないと教室を休止したときは、今まで積み重ねてきたものが突然奪われたような気がして落ち込んだりもしました。


そんな中でオンラインのレッスンを行い、緊急事態宣言解除後は感染対策をしながら教室を少しずつ再始動していきました。


始めたばかりのオンラインにも参加いただいたり、たくさんの生徒さんからたくさんの応援の声をいただき、生徒さんの音楽生活を応援する立場のはずが、今年は逆に生徒さんに色んな面で支えられました。勇気、パワーをありがとうございました。


年のおわりに発表会も開催することができたのも参加された生徒さんはじめ周りの方のお力添えがあったからです。みなさん本当に素晴らしい演奏でした。過酷な状況の中、試行錯誤しながらステージを行えたことを幸せに感じます。



みなさん、本当にありがとうございました!

来年も一緒にたくさん色んな曲を吹きましょう!



どうぞ良いお年をお迎えください。




最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ