top of page

良いお年を

2020年も今日で最後です。


今年は何をおいてもコロナに振り回された1年でした。

まだ続いてはいますが、来年は今年よりはよい1年になってくれればと願わずにはいられません。


今年のはじめ、教室、音楽活動もとても厳しい状況に置かれました。

「感染を防ぐには動いてはいけない」と言われてどうすればいいのか、悩みに悩みました。


生活面の不安の中、それでも感染を広げるリスクはとれないと教室を休止したときは、今まで積み重ねてきたものが突然奪われたような気がして落ち込んだりもしました。


そんな中でオンラインのレッスンを行い、緊急事態宣言解除後は感染対策をしながら教室を少しずつ再始動していきました。


始めたばかりのオンラインにも参加いただいたり、たくさんの生徒さんからたくさんの応援の声をいただき、生徒さんの音楽生活を応援する立場のはずが、今年は逆に生徒さんに色んな面で支えられました。勇気、パワーをありがとうございました。


年のおわりに発表会も開催することができたのも参加された生徒さんはじめ周りの方のお力添えがあったからです。みなさん本当に素晴らしい演奏でした。過酷な状況の中、試行錯誤しながらステージを行えたことを幸せに感じます。



みなさん、本当にありがとうございました!

来年も一緒にたくさん色んな曲を吹きましょう!



どうぞ良いお年をお迎えください。




最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

Comments


bottom of page