top of page

良いお年を

2020年も今日で最後です。


今年は何をおいてもコロナに振り回された1年でした。

まだ続いてはいますが、来年は今年よりはよい1年になってくれればと願わずにはいられません。


今年のはじめ、教室、音楽活動もとても厳しい状況に置かれました。

「感染を防ぐには動いてはいけない」と言われてどうすればいいのか、悩みに悩みました。


生活面の不安の中、それでも感染を広げるリスクはとれないと教室を休止したときは、今まで積み重ねてきたものが突然奪われたような気がして落ち込んだりもしました。


そんな中でオンラインのレッスンを行い、緊急事態宣言解除後は感染対策をしながら教室を少しずつ再始動していきました。


始めたばかりのオンラインにも参加いただいたり、たくさんの生徒さんからたくさんの応援の声をいただき、生徒さんの音楽生活を応援する立場のはずが、今年は逆に生徒さんに色んな面で支えられました。勇気、パワーをありがとうございました。


年のおわりに発表会も開催することができたのも参加された生徒さんはじめ周りの方のお力添えがあったからです。みなさん本当に素晴らしい演奏でした。過酷な状況の中、試行錯誤しながらステージを行えたことを幸せに感じます。



みなさん、本当にありがとうございました!

来年も一緒にたくさん色んな曲を吹きましょう!



どうぞ良いお年をお迎えください。




最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page