top of page

落ちてくる

ピアノを弾いたことがない漁師のおじさんがひたすら1曲だけを練習し続けた結果、ピアノ曲のなかでも難曲として知られるリストの「ラ・カンパネラ」を弾けるようになったというお話が、すこし前からニュースやテレビ、CMなどに取り上げられ、先日もテレビに出演されていましたが、練習方法に目が行ったので、今日はトランペットではなくピアノですが、そのお話です。



元々漁師のその方は当然ピアノは弾いたこともなければ楽譜も読めないということで、動画サイトにある、このような動画を一時停止を繰り返して押す鍵盤の位置を覚えていったということでした。



ゲームセンターやスマホゲームで「音ゲー」と言われるジャンルによくある、押す場所がゆっくりと近づいてきて、重なったタイミングで指定されたボタンを押す、叩くことで演奏を進めていくゲームで見られる画面です。


この方が見られていたのは動画だそうですが、これが実際にピアノの上部に組み込まれた電子ピアノも数年前に話題になっていました。


自分は楽譜を読んで育ってきているので、古いのかもしれませがどうにも抵抗感が強いです笑


実際この方はたどたどしくはありますが弾けるようになっていますし、楽譜を練習している人でもこの曲をたどたどしくとも弾けない人も多いので、一定の効果はあるのかなぁとは思う一方で、楽譜は小節線、強弱、テンポ記号、和音の積まれ方、全体を見渡すことで得られる演奏の方向性や一貫性、フレーズの関係性などを読み取ることができるため、練習の過程で一つのツールとして使うのはありなのかもしれないけれど、ある程度指が運べるようになった後は楽譜を使ってより音楽の深い場所、素敵な場所まで潜るという作業はしてほしいなと思いました。

最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page