top of page

落ちてくる

ピアノを弾いたことがない漁師のおじさんがひたすら1曲だけを練習し続けた結果、ピアノ曲のなかでも難曲として知られるリストの「ラ・カンパネラ」を弾けるようになったというお話が、すこし前からニュースやテレビ、CMなどに取り上げられ、先日もテレビに出演されていましたが、練習方法に目が行ったので、今日はトランペットではなくピアノですが、そのお話です。



元々漁師のその方は当然ピアノは弾いたこともなければ楽譜も読めないということで、動画サイトにある、このような動画を一時停止を繰り返して押す鍵盤の位置を覚えていったということでした。



ゲームセンターやスマホゲームで「音ゲー」と言われるジャンルによくある、押す場所がゆっくりと近づいてきて、重なったタイミングで指定されたボタンを押す、叩くことで演奏を進めていくゲームで見られる画面です。


この方が見られていたのは動画だそうですが、これが実際にピアノの上部に組み込まれた電子ピアノも数年前に話題になっていました。


自分は楽譜を読んで育ってきているので、古いのかもしれませがどうにも抵抗感が強いです笑


実際この方はたどたどしくはありますが弾けるようになっていますし、楽譜を練習している人でもこの曲をたどたどしくとも弾けない人も多いので、一定の効果はあるのかなぁとは思う一方で、楽譜は小節線、強弱、テンポ記号、和音の積まれ方、全体を見渡すことで得られる演奏の方向性や一貫性、フレーズの関係性などを読み取ることができるため、練習の過程で一つのツールとして使うのはありなのかもしれないけれど、ある程度指が運べるようになった後は楽譜を使ってより音楽の深い場所、素敵な場所まで潜るという作業はしてほしいなと思いました。

最新記事

すべて表示

5月もあっという間に終わりそうですが、 少し思い出しながら今月のことを書いてみます。 ・ライブ 今月は所属バンドで元ピチカート・ファイヴの小西康陽さんのライブのバックバンドを担当させていただく機会がありました。90年代、渋谷系と呼ばれる音楽のムーブメントがありましたがその中心のひとつがピチカート・ファイヴです。 僕も高校生の終わり頃から大学生時代によく聞いていました。そんなピチカート・ファイヴで作

先週はバンドのライブでした。 コロナやらタイミングやらいろいろ難しく、フルメンバーでは1年以上ぶりのライブでした。 やっぱり人前で反応を感じながらのステージは楽しいです。 ただ、やっぱり久しぶり、準備の段階でかなりフルステージを演奏する体力が落ちていると感じました。 人によってやり方はあるんでしょうが、スタミナ的にきついステージがある時、僕の場合は1曲ごとにペース配分やスタミナを削られやすい場所へ

bottom of page