親知らずを抜いた話

先週、親知らずを一本抜きました。


自分のイメージではもう少し先の話のつもりでいたのですが、最近食べ物がつまるようになり、隣の抜く必要のない歯に虫歯ができてきてしまっていたので、スケジュールを考えるとこのタイミングで抜くしかないのかなということで、「抜いてください」と歯医者さんにお願いしました。


過去に抜いた親知らず同様、真横に生えるタイプの親知らずだったので、時間がかかるのはなんとなく覚悟していたのですが、あごの骨を掴むような形になっていたので、真っ二つに割って抜く必要があったそうで、あごにめちゃくちゃ圧力がかかり、あごが外れるかとおもいました…。


1時間以上格闘し、無事抜けました。歯を抜くっていうのもやっぱり手術のひとつなのだなと感じました。めちゃくちゃ疲れた…。


ただ、抜いた後も縫合してもらったこともあり、出血は前回ほどではなく、痛み止めを定期的に飲んでいたこともあって痛みもほとんどなく、すこし違和感があるくらいというのはありがたかったです。次の日からトランペットも吹くことができました。(吹く時間や圧力は調整する必要がありましたが)


痛みはないものの、身体を傷つけたダメージというのは確実に身体に残っていて、しばらく倦怠感が強い日々が続きましたが、年内にカタをつけることができて、結果よかったなと思います。


来年からは歯のことに煩わされることなく吹けると思うと清々しい気持ちです。

最新記事

すべて表示

去年からレッスンに通うようになった高校生の生徒さんがいます。 教室に問い合わせをしたきっかけが、今年高校三年の吹奏楽コンクールのメンバーを決めるオーディションを通過したいというものでした。 演奏を聴いてみて、なんだか高校生時代の自分を見ているような気持ちになりました。 何を変えなければいけないかもそうですし、今なんでそのように演奏しているのかもなんとなく分かります。 そうか…1年か…と思いました。

ここ3週間ほどオートミール生活をしています。 主に昼と夜の炭水化物をオートミールにするというかんじです。 数年前、某会員制スーパーで巨大なオートミールの袋を買った時は味も匂いもどうしても合わずにギブアップしたのですが、最近のブームでいろいろな種類のオートミールがスーパーでも並ぶようになり、レシピのいろんなところで紹介され、「今だったらいけるかな?」という気がしてトライしてみています。 僕は日清の「

今月、ゴールデンウィークに防音室を体験しに行ってきました。 当教室は防音仕様の部屋になっているので、僕自身は新しく防音室は必要ないのですが、生徒さんから練習場所について「みなさんどうされてるんですかね?」と聞かれることはあるので、最近の防音室事情も一度確認してみたいなと思っていました。 先月ある方から、大宮の一つ隣の「さいたま新都心駅」の商業施設に入っている島村楽器さんの中に結構いろいろな防音室が