親知らずを抜いた話

先週、親知らずを一本抜きました。


自分のイメージではもう少し先の話のつもりでいたのですが、最近食べ物がつまるようになり、隣の抜く必要のない歯に虫歯ができてきてしまっていたので、スケジュールを考えるとこのタイミングで抜くしかないのかなということで、「抜いてください」と歯医者さんにお願いしました。


過去に抜いた親知らず同様、真横に生えるタイプの親知らずだったので、時間がかかるのはなんとなく覚悟していたのですが、あごの骨を掴むような形になっていたので、真っ二つに割って抜く必要があったそうで、あごにめちゃくちゃ圧力がかかり、あごが外れるかとおもいました…。


1時間以上格闘し、無事抜けました。歯を抜くっていうのもやっぱり手術のひとつなのだなと感じました。めちゃくちゃ疲れた…。


ただ、抜いた後も縫合してもらったこともあり、出血は前回ほどではなく、痛み止めを定期的に飲んでいたこともあって痛みもほとんどなく、すこし違和感があるくらいというのはありがたかったです。次の日からトランペットも吹くことができました。(吹く時間や圧力は調整する必要がありましたが)


痛みはないものの、身体を傷つけたダメージというのは確実に身体に残っていて、しばらく倦怠感が強い日々が続きましたが、年内にカタをつけることができて、結果よかったなと思います。


来年からは歯のことに煩わされることなく吹けると思うと清々しい気持ちです。

最新記事

すべて表示

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 ちょこちょこと業務的なことはその前にもありましたが、今日から2022年のレッスンが始まりました!みなさん今年もたくさん吹きましょう! 部屋もいつもよりも細かいところも掃除して、気持ちも新たに! と思っていたら、 雪が降ってきました! しかも結構しっかりと! 以前の住居は賃貸だったので、管理人さんが雪かきもしてくれたりしてたのですが

あと数時間で2021年も終わります。 生徒さん、保護者のみなさま、本年も大変お世話になりました。 今年もコロナの猛威は吹き荒れましたが昨年に比べるといくらか再開できた活動もあり、少しずつではありますがかつての日常に戻っているのかなと希望も感じています。 教室としても、普段通われてる生徒さんからも活動の再開を教えていただいたり、レッスンを再開された方、新規で通い始めた方なども昨年にくらべて増え、昨年

今日は年内最後のレッスンの日でした。 そして、今日最後にいらっしゃったのは、遠方に住んでいるため普段はオンラインでレッスンをしている生徒さん。 数年前まで通っていただいていたのですが、お仕事、ご家庭の都合で引っ越しされ、最近またオンラインでレッスンを再会されていらっしゃる方です。 年末年始は東京のご実家で過ごされるということで、教室に来て直接レッスンをしてほしいと申出をいただきました。ご実家とも結