top of page

ナカ◯の窓→「◯◯とはこういうもの」についての話


先日、ナ◯イの窓という番組を見ていたのですが、その日は「ラッパー特集」ということで、有名な方から「ラップもたまにやるよ」的な芸人の方まで、出演して、ラップについて語っていました。その中で、「ラップとは韻を踏むこと?踏むべき?全く踏まなくてもいいもの?」といったことについて、ラッパーの方の間ではずっと議論があるという話が出ていて、それを見ながらぼんやり頭の中で派生していったのですが、 こういった、音楽の「こういうスタイルのときはこれをこうするorしない」的なお話というのはラップだけでなく、クラシックやジャズの中にも様々ありまして、それを生徒さんがいざ勉強するとなった場合、レッスンで説明するときは少し悩んでしまいます。 例えが適切か微妙ですが、以前たまたま見る機会のあった外国人向けの日本語の教科書に書いてある日本語の文法はとてもオーソドックスなものでした。 「私は◯◯です」 「私は◯◯が◯◯です」 「◯◯は◯◯ですか?」 どこで話しても通じる日本語ですが、同じ意味を持ちながら、これ以外にも僕達が使っている日本語には語尾や言い方が違う言いまわしが山程あります。地方や時代、相手の年代や立場によって使う日本語は様々です。 ただ、学び始める段階で、この全てを網羅することは難しいので、一番当たり障りなく、汎用性の高い形を教えているということなのだと思います。 トランペットの練習でも同じように、習得する課程で習得しやすいように、ある程度情報を絞っての説明を心がけるのですが、「こういう楽譜の時はこうする」「こういうリズムの時はこうする」といったお話の外には「そうしない場合もないわけではない。というか結構あったりする」といった部分も隠れています。 「スタイル」はある程度サンプルが揃った後にまとめられたものも多々あり、その場合はそのルールが全てではないです。 いきなり全部を習得することは難しいですが、存在だけはなんとなく頭の片隅に置いておいてもらいながら、汎用性の高いものからまず身につけていただいて、その周りにあふれているバリエーション豊かな「そうでないもの」を聴いたとき、「これはきっとニセモノだ!」と思わず「こういう表現もあるのか~」と、少しずつ自分の引き出しに入れていってもらえたらステキなことだなと思ったのでした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page