top of page

前にも触れましたが…


レッスンの中で、「あ、この話前も聞いたな」ということや、「以前言ったことがあるかもしれませんが…」と僕から前置きをつけつつお話することがあります。 お恥ずかしい話ですが、大学を出てちょっとずつレッスンをさせて頂く機会をいただくようになったばかりのころは、この「前にも言った話をもう一度する」ことが苦手でした。 たぶん勘違いをしていたということなのですが、お金を頂いてレッスンする以上、何かを得て帰ってほしいので、以前話した話をするということは、「生徒さんにとって時間を浪費させてしまっている」という心苦しさと、「この先生、おんなじことしか言わないな、引き出しないんだな」と思われることへの不安があったのだと思います。 しかしながら思い出してみると、自分もレッスンを受ける中で、何度となく言われたセリフというのはありますが、「また言ってるな」と思った記憶はありません。 むしろ、「べつな箇所でも同じことを言われた。きっと、こういう時は共通してこういうことに気をつけるんだな」とか、「あー、これは変なクセがついているんだな」と回が増えることで、理解できるようになったことを思い出したとき、同じ話をすることの大切さがわかったような気がしました。 同じことを言うことで、生徒さんの中に点として残ったものがだんだん線に変わっていくと気づけたことで、言うべき時にきちんと「前にも話した話」をお伝えできるようになったのでした。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page