top of page

前にも触れましたが…


レッスンの中で、「あ、この話前も聞いたな」ということや、「以前言ったことがあるかもしれませんが…」と僕から前置きをつけつつお話することがあります。 お恥ずかしい話ですが、大学を出てちょっとずつレッスンをさせて頂く機会をいただくようになったばかりのころは、この「前にも言った話をもう一度する」ことが苦手でした。 たぶん勘違いをしていたということなのですが、お金を頂いてレッスンする以上、何かを得て帰ってほしいので、以前話した話をするということは、「生徒さんにとって時間を浪費させてしまっている」という心苦しさと、「この先生、おんなじことしか言わないな、引き出しないんだな」と思われることへの不安があったのだと思います。 しかしながら思い出してみると、自分もレッスンを受ける中で、何度となく言われたセリフというのはありますが、「また言ってるな」と思った記憶はありません。 むしろ、「べつな箇所でも同じことを言われた。きっと、こういう時は共通してこういうことに気をつけるんだな」とか、「あー、これは変なクセがついているんだな」と回が増えることで、理解できるようになったことを思い出したとき、同じ話をすることの大切さがわかったような気がしました。 同じことを言うことで、生徒さんの中に点として残ったものがだんだん線に変わっていくと気づけたことで、言うべき時にきちんと「前にも話した話」をお伝えできるようになったのでした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page