メトロノーム


今回は道具のお話。

といっても大したお話でもないのですが、

「メトロノーム使ってますか?」

というお話です。

当たり前の部分ではありますが、意外とめんどくさがって、使っていない方も結構いらっしゃるんじゃないかと予想しています♪

(部活指導などに行くと明らかに使っていないなと思うことも多いです)

本当に1人のソロ以外は他の人と演奏することがほとんどのトランペット。

合奏ではいろんな楽器全員が同じ音、リズムを鳴らすわけではなく、トランペットが音を伸ばしている最中にホルンが裏打ちをしたり、フルートが華麗に連符で音階を吹いていたりと、それぞれの役割を演奏することで全体として素敵な音楽になっていく。

そういうバラバラな長さ、リズムの音符をそれぞれが演奏する上で、共有しているのが「1.2.3.4.1.2.3.4」というテンポ(ビート)です。

共有しているテンポ感がそろっていれば、それぞれが別な音を演奏してもまとまりのある演奏になりますが、それぞれがそれぞれのテンポ感で演奏すると、最悪の場合演奏が崩壊してしまいます。

その共有するテンポ感を養う、音符の長さを感じるための目安を自分の中に感覚として作るためにメトロームはとても重要な役割を持っています。

もしお持ちでない場合は、いろんなメーカーから出ていますが、僕個人としては、チューナーと一体型で、持ち運びがしやすく、トランペットの音量でかき消されにくいものをオススメします。

また、最近はスマホ用のアプリでもとても優秀なアプリが出ていますので、そちらを使うのも良いかもしれません。ただ、練習に集中する意味でも、やはりアプリではなく、実機として、一台、メトロノームは持つべきだと思います。

普段、練習時に使っていないかたは、ぜひ、今日の基礎練習で使ってみてください。いろいろな発見があると思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ