お久しぶりです!


学業やお仕事、体調などの理由で教室を離れていた生徒さんから「再開したいです」と連絡をいただくことがありますが、素直に嬉しいです。 先月、今月はそんな「お久しぶりです」な場面が何度かありました。 習い事や参加型イベントは年々バリエーションが増えていますが、少しでもトランペット・音楽の楽しさ、素晴らしさを共有できたらとレッスンをしています。 改めて、その時間を一緒に追求、成長して行けることは僕にとってもワクワクです。

話は変わりますが、先日最近少し話題の立ち食いステーキのお店に行ってきました。

どこまでホントかは分かりませんが、本番前に肉を食べると話す金管プレーヤーの友人が何人かいます。金管楽器は多少肉食系のほうがパワーがでるのかもしれません(笑)


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ