訃報がつづきますね


昨年末、指揮者クルト・マズア氏の訃報が知らされたばかりでしたが、 先日また、指揮者ニコラウス・アーノンクール氏が亡くなったというニュースがありました。

一時期から日本でも古楽派とでも呼べばよいのでしょうか、古典・バロック以前を軸として、作曲された頃の楽器、奏法を再現、再構築した演奏を試みるといった人、団体、演奏アプローチが増えてきて、そういった演奏を特に好む方々というのも増えてきています。

昔、僕は某大型CDショップのクラシックコーナーでアルバイトをしていたことがありますが、古楽、古楽器、古楽奏法のCDを買う方というのは決まっていて、また、そういった方は、古楽系のCDをメインに買われる方が多かったです。

そんな古楽好きな方を含め、熱心なファンがたくさんいて、新譜のCDが出る度、話題になっていたのがアーノンクールでした。

かなり特徴的な演奏をするので、大好きな方と苦手な方、真っ二つに別れるという印象の指揮者でしたが、今回の訃報をうけて、僕のまわりでも、「あのCDは今でもしょっちゅう聴いてる」「あの人の演奏はどうも苦手で…。」などいろんな話が出ていたので、今更ながらやはり注目度・人気の高い指揮者だったのだなと思ったのでした。

独特の演奏ではありますが、何冊か本も書かれていて読んでみると、腑に落ちる部分も多かったです。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ