ちょっと無理してみる


いきなりですが、ひとりで練習することが多い方には、ぜひ「少しだけ無理をする」ことをオススメします。

ひとりだと、自分のペースで練習の配分をすることができますが、どうしても「口が疲れたら・ミスしたら吹くことを中止する。」「自分の感覚で音量を決定する」といった練習をしてしまいがちです。

そこでたまにはあえて逆のことをしてみてはいかがでしょうか?

「途中でバテてもorミスしても楽譜の最後まで吹ききる」「普段の音量の感覚より大きい&小さい音量で吹いてみる」

もちろん度を超えた練習は調子を崩す元になったり、どこかを痛めてしまう場合がありますが、ひとりで練習していると限界のだいぶ前にリミットを作っていたり、本来出すべき音量よりも内側で演奏してしまいがちです。

意識的にリミットを超えた練習をすることで気づかなかった身体の使い方、練習のヒントがみつかるかもしれませんよ。

そして、たくさん吹いた後はしっかりとクールダウンを忘れないで下さい。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ