ちょっと無理してみる


いきなりですが、ひとりで練習することが多い方には、ぜひ「少しだけ無理をする」ことをオススメします。

ひとりだと、自分のペースで練習の配分をすることができますが、どうしても「口が疲れたら・ミスしたら吹くことを中止する。」「自分の感覚で音量を決定する」といった練習をしてしまいがちです。

そこでたまにはあえて逆のことをしてみてはいかがでしょうか?

「途中でバテてもorミスしても楽譜の最後まで吹ききる」「普段の音量の感覚より大きい&小さい音量で吹いてみる」

もちろん度を超えた練習は調子を崩す元になったり、どこかを痛めてしまう場合がありますが、ひとりで練習していると限界のだいぶ前にリミットを作っていたり、本来出すべき音量よりも内側で演奏してしまいがちです。

意識的にリミットを超えた練習をすることで気づかなかった身体の使い方、練習のヒントがみつかるかもしれませんよ。

そして、たくさん吹いた後はしっかりとクールダウンを忘れないで下さい。


最新記事

すべて表示

アニメ

ご依頼いただいた方から告知の許可をいただきましたので、お知らせさせていただきます。 今月スタートのアニメ「闘神機ジーズフレーム」にてトランペットを演奏させていただきました。 まだ僕もストーリーなどはわからないのですが、音楽はどれも素晴らしく、美しい曲、カッコいい曲ばかりで、僕自身も楽しみにしております。 ぜひご覧ください。 ******************************* 「闘神機ジ

87人

今日の東京都の新型コロナウイルスの新規陽性者数は87人でした。 毎週月曜日は陽性者の数は少なくなる傾向ですが、2ケタになったのは11ヶ月ぶりだそうです。 ワクチン摂取が進んだことや変異株などのこともあるので最近は陽性者数だけでなく複数の指標を見ながら状況を判断していくということですが、素人の自分としては87人という数字は「減ったなー」という感覚です。 夏に5000人を超えたところから考えると少しホ