【YouTube】ティモフェイ・ドクシツェル


今日は旧ソ連の奏者ドクシツェルの紹介です。

ホロヴィッツ(ピアノ)やハイフェッツ(バイオリン)など、圧倒的な技工とカリスマ性の高い演奏で聴衆を魅了する演奏家を「ヴィルトゥオーゾ」と称することがありますが、トランペットでいうと、ドクシツェルはまさにヴィルトゥオーゾ的ではないかと思います。

旧ソ連出身、ボリショイ劇場管弦楽団の首席トランペット奏者を務めた後、1947年のコンクールの優勝をきっかけにソリストとして活動したドクシツェルですが、バイオリンを彷彿とさせるビブラートと情熱的な歌い方は今でも多くのトランペット奏者に影響を与えています。

僕の先生が親交があったようで、”オイルが手に入らなかった時代はツバで代用(?)していた”とか、”ぬるいコーラがお気に入りだった”などのエピソードをレッスンの時に聞いた思い出があります。

同国の作曲家アルチュニアンにより彼の為に書かれたトランペット協奏曲はトランペット奏者の主要レパートリーとなっていて、また彼自身の演奏はその指標としてとても重要です。

続き①


最新記事

すべて表示

アニメ

ご依頼いただいた方から告知の許可をいただきましたので、お知らせさせていただきます。 今月スタートのアニメ「闘神機ジーズフレーム」にてトランペットを演奏させていただきました。 まだ僕もストーリーなどはわからないのですが、音楽はどれも素晴らしく、美しい曲、カッコいい曲ばかりで、僕自身も楽しみにしております。 ぜひご覧ください。 ******************************* 「闘神機ジ

87人

今日の東京都の新型コロナウイルスの新規陽性者数は87人でした。 毎週月曜日は陽性者の数は少なくなる傾向ですが、2ケタになったのは11ヶ月ぶりだそうです。 ワクチン摂取が進んだことや変異株などのこともあるので最近は陽性者数だけでなく複数の指標を見ながら状況を判断していくということですが、素人の自分としては87人という数字は「減ったなー」という感覚です。 夏に5000人を超えたところから考えると少しホ