【YouTube】ティモフェイ・ドクシツェル


今日は旧ソ連の奏者ドクシツェルの紹介です。

ホロヴィッツ(ピアノ)やハイフェッツ(バイオリン)など、圧倒的な技工とカリスマ性の高い演奏で聴衆を魅了する演奏家を「ヴィルトゥオーゾ」と称することがありますが、トランペットでいうと、ドクシツェルはまさにヴィルトゥオーゾ的ではないかと思います。

旧ソ連出身、ボリショイ劇場管弦楽団の首席トランペット奏者を務めた後、1947年のコンクールの優勝をきっかけにソリストとして活動したドクシツェルですが、バイオリンを彷彿とさせるビブラートと情熱的な歌い方は今でも多くのトランペット奏者に影響を与えています。

僕の先生が親交があったようで、”オイルが手に入らなかった時代はツバで代用(?)していた”とか、”ぬるいコーラがお気に入りだった”などのエピソードをレッスンの時に聞いた思い出があります。

同国の作曲家アルチュニアンにより彼の為に書かれたトランペット協奏曲はトランペット奏者の主要レパートリーとなっていて、また彼自身の演奏はその指標としてとても重要です。

続き①


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ