ショック


僕もブログで紹介するのに使っているように、現在はネットであらゆる曲が聞けるようになっていますね。プロアマ問わず、演奏家は数年前までは、演奏する曲がどんな曲を知るために、その曲の入っているCDを購入する場面が多くありましたが、今ではどんな曲かを確認するためだけが目的であれば購入しなくても、検索するだけで済んでしまいます。

動画サイトを「聴く」専用に機能を持たせたスマホアプリも数多く出ています。

そんなご時世になってそこそこ経っているので、なんとなく予感もあったのですが、ある大学生の子に聞いたところ、自分でCDを買ったことがないそうです…。

一応、「購入形式は問わないけれど音楽をお金を出して買ったことは?」と聞いたところそれもないということでした…。

もちろんそれは人それぞれで購入する人も沢山いるとは思うのですが(思いたいのですが)、雑誌やテレビではなく、実際に聞くと、改めてショックだなと思ったのでした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ