top of page

吹くのも大事ですが


その昔、「忍空」というマンガが少年ジャンプで連載されておりまして、アニメ化もされてたので人気もあったと記憶しています。

忍術と空手をミックスした体術を使いながら、キャラそれぞれで鍛えている&得意な能力が違うという設定だったのですが、その中で「視力を強化することで相手の動きを把握する」という敵が出てきて主人公たちがピンチになる場面があり、なぜだかそのエピソードがとても印象に残っています。

話はすこしずれますが、運動の得意な人たち(僕は苦手な人たちでしたw)と運動神経について話をしたときに、身体を動かす技術はもちろんとても大切だけれども、各競技に最適化していく中では「上手い人の身体の動きをよく観察してイメージを持つ」ということが非常に大事で、学生時代運動が苦手な子はイメージができてないというのも運動が苦手な理由として大きいということを聞いたときに、なるほどなぁと思ったものです。

前置きが長くなりましたが、これを楽器に置き換えると、やはり「耳を鍛える」ことは大事だと思うのですが、楽器を演奏する方でも、意外と普段あまり音楽を聴かないという人は多いです。技術はしっかり持っているのに、演奏のクセが強い(理由がない場合)と思う方は「普段あまり音楽を聞いていない」か「自分の音の聞き方がわかっていない」か「両方」の場合がほとんどです。 そういう方は、逆に聴く量が増えるとあっという間に演奏が良くなります。 これから演奏するというときにイメージがある・ない、イメージが具体的かどうかというのはきっと大きな差で演奏に現れます。

もちろん、コンサートやライブで生の演奏に触れることもしていただきたいなと思うのですが、最近は定額の聴き放題サービスも増えています。サービスによっては驚くほどのレーベルがカバーされています。こういったものもうまく利用しながら、「聴く量を増やしてみる」期間を作って、ぜひ、期間前と期間後のご自身の演奏の変化を聞いてみてはいかがでしょうか。

僕はApple music を利用していまして、いずれこのお話もしたいと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page