top of page

カラダは不思議


近年、アスリートの方達はウェイトトレーニングで「腕」「脚」などの部位ごとのトレーニングもしつつ、各筋肉、各関節の連動性を高めるトレーニングの比重が大きくなってきているそうです。 「文化系運動部」などと自称する方もいる吹奏楽ですが、言っても運動部の方々とは実際の運動量、筋肉量は大きく劣ると感じています。 それでも最近では演奏家の間にフィジカルに関する関心、意識は高まってきていると感じていて、関連する書籍も増えてきていますし、僕含め友人の間でも最近はいろいろ取り入れている人が増えています。 はじめてみるとカラダに関して、本当に不思議だと思うこと多々で、全然関係ないと思っていた場所の筋肉がスタミナの「もうひとふんばり」に影響したり、トレーニング意外での思わぬ運動が呼吸のスムーズさと助けたりと、いろいろな場所が連動しているのだなと、発見が楽しいです。 みなさんもなにかカラダを動かした時にはぜひその後に楽器も吹いてみると思わぬ発見があるかもしれません。


最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

bottom of page