top of page

カラダは不思議


近年、アスリートの方達はウェイトトレーニングで「腕」「脚」などの部位ごとのトレーニングもしつつ、各筋肉、各関節の連動性を高めるトレーニングの比重が大きくなってきているそうです。 「文化系運動部」などと自称する方もいる吹奏楽ですが、言っても運動部の方々とは実際の運動量、筋肉量は大きく劣ると感じています。 それでも最近では演奏家の間にフィジカルに関する関心、意識は高まってきていると感じていて、関連する書籍も増えてきていますし、僕含め友人の間でも最近はいろいろ取り入れている人が増えています。 はじめてみるとカラダに関して、本当に不思議だと思うこと多々で、全然関係ないと思っていた場所の筋肉がスタミナの「もうひとふんばり」に影響したり、トレーニング意外での思わぬ運動が呼吸のスムーズさと助けたりと、いろいろな場所が連動しているのだなと、発見が楽しいです。 みなさんもなにかカラダを動かした時にはぜひその後に楽器も吹いてみると思わぬ発見があるかもしれません。


最新記事

すべて表示

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

電車旅

ドラマのお話なのですが、最近見はじめて楽しいと思ったのが「#居酒屋新幹線」という30分ドラマです。 Netflixにあって見ていたのですが、ちょうどこの1月からシーズン2が始まったようで、嬉しいタイミングでした。 出張の多いサラリーマンが、出張先で売っているその土地の食べ物とお酒をチョイスして、帰りの新幹線でひとり居酒屋気分を楽しむドラマなのですが、主役の美味しそうなリアクションと土地土地の料理の

bottom of page