楽器選び


生徒さんが楽器を購入したいということで一緒に楽器屋さんに行ってきました。 パソコンやカメラとは違い、スペックに表しづらいトランペット。メーカーによっては個体差もあるため自分だけでは選びづらいという方には、事前にどういう楽器を求めているかを聞いて、楽器屋さんに準備をお願いして、一緒に選ぶことがあります。 今回の楽器選びはおおまかなメーカーの希望もなかったため、生徒さんにいろいろ吹いてもらい、僕も吹きながら、それぞれの楽器の違いを感じてもらって選んでいきました。 自分の楽器購入もそうですが、楽器選びは「縁」によるところも多いといつも感じます。 コレ!というものに出会わなければ好きなメーカーでも買えないですし、自分が予想していたものではないものでいいものに出会うことも。安い買い物ではないので、買うとなると決断には勇気もいりますが、それだけ真剣に選んだ楽器、出会えた楽器にはいやがおうにもモチベーションが上がります。 今回、楽器を買われた生徒さんも、とてもいい楽器に出会えたと思いました。 たくさん練習して、その楽器の魅力を引き出して、さらにトランペットライフを楽しんでもらえたらと思いながら帰宅しました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ