top of page

開きやすい季節


吹奏楽部、団に所属のみなさんにとってはコンクールの練習に熱の入る季節。指揮者も奏者も気合たっぷりで練習量も多くなりますね。

教室に来る生徒さん、教えに行っている学校も、練習量が増えるせいか、調子が崩れる人を見かけます。

全員ではないですが、音域が上がるにつれて、アパチュアが開く、粘膜奏法になりかけのような状態になっていて、どうも合奏などで、音量を要求されたり、無理やり高い音を出さないと行けない場面が、普段以上に多くなるために、アンブシュアの筋力不足や、息の圧力に負けたりで、アパチュアを閉じれず、唇がめくれた状態で吹く時間が長くなってしまうことで起こっているように感じます。

この環境がコンクールまで続くと調子を崩したり、粘膜奏法のクセがついたりもそりゃあるなと思います。

ウォームアップとクールダウン時に、音の高さと唇の開け閉め、息の流れ、圧力の加減の調整を少し気にしてみる、合奏中も、基礎合奏などであれば、音量や音域を考慮してもらうよう指揮者に相談してみることもいいかもしれません。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page