開きやすい季節


吹奏楽部、団に所属のみなさんにとってはコンクールの練習に熱の入る季節。指揮者も奏者も気合たっぷりで練習量も多くなりますね。

教室に来る生徒さん、教えに行っている学校も、練習量が増えるせいか、調子が崩れる人を見かけます。

全員ではないですが、音域が上がるにつれて、アパチュアが開く、粘膜奏法になりかけのような状態になっていて、どうも合奏などで、音量を要求されたり、無理やり高い音を出さないと行けない場面が、普段以上に多くなるために、アンブシュアの筋力不足や、息の圧力に負けたりで、アパチュアを閉じれず、唇がめくれた状態で吹く時間が長くなってしまうことで起こっているように感じます。

この環境がコンクールまで続くと調子を崩したり、粘膜奏法のクセがついたりもそりゃあるなと思います。

ウォームアップとクールダウン時に、音の高さと唇の開け閉め、息の流れ、圧力の加減の調整を少し気にしてみる、合奏中も、基礎合奏などであれば、音量や音域を考慮してもらうよう指揮者に相談してみることもいいかもしれません。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ