口内炎


本日レッスンだった生徒さんが結構大きな口内炎をつくっていたので、口内炎のお話です。

子供の頃はしょっちゅう口内炎ができていました。 大人になるにつれてできにくくなってきたので、なんであんなにできていたのか、今となっては謎ですが、口内炎自体、痛くて嫌いですが、トランペットを吹くようになってからはさらに嫌いです。

とはいえ、できるときはできますし、口内炎だからと言って吹かないわけにもいかず。そんな環境で幾つか試してみたのですが、

・歯磨きの回数を増やして口の中の雑菌が繁殖しないようにする。 ・口内炎パッチを使う。 ・治っていない間は気合で吹く

いまのところ、僕はこんな感じです。ビタミンBがよいと言われて飲んでみたりもしたのですが、僕の場合、効果が現れるまでに数日かかるようで(そうなってくるともうビタミンBのおかげなのかよくわからないというのもあるのですが)最近は使わなくなりました。

口内炎パッチは、患部を覆ってくれるので、雑菌からも守りつつ、痛みも和らげてくれて重宝してます。それでも痛いときはもう我慢して吹くしかないんですが…。

ちなみに、ドラックストアでよく置いているコレを使っています。

けっこうペッタリくっついてくれて(たまに付け方がわるくて剥がれることがあるんですが、コツがわかれば剥がれません)頼もしいです。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ