マッピ選び


昨日は生徒さんと楽器やさんで待ち合わせてマッピ選び。

若干粘膜奏法ぎみになったいた中学生ですが、急に増えた部の練習量と要求される大音量。マウスピースのカップもかなり大きい物を使っていたようで、唇周りの筋力が負けてしまっていたようです。

一旦僕のマウスピースを貸出して、練習時に気をつける事をいくつかアドバイスすることで少しずつ元に戻ってきたので、マウスピースも選び直し。

何本かのマウスピースから音や吹奏感を元に絞っていく作業。 最後の数本になってから悩むのはみんな一緒ですね。 それぞれ長所短所があって、それでも1本1本サウンドが変わるので聞いていても楽しいです。

マウスピースは長時間の練習や、一定期間使って分かることも多いので、試奏してもやっぱり博打の要素は残ってしまうのですが、それでも「これにする」と決めることができました。

本人にとってははじめて自分で選んだマウスピース。 今までよりさらにトランペットとの距離が近くなったんじゃないかなと思います。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ