夏本番!


暑い日々も続き、リオや甲子園も始まって、夏真っ盛りとなってきましたが、吹奏楽人にとってもアツい季節です。

全国を目指す吹奏楽部が各地で熱演を繰り広げる吹奏楽コンクールシーズンです。

僕も今週は指導させていただいている小学校で大会前の追い込み合奏をしてきました。

エアコンのない体育館で、扇風機を回しながらの午前午後の合奏。

僕も暑いですが、連日頑張っている先生、子供達には頭がさがります。

最近は部活動が先生に与える負担や、ブラック的な指導の議論も盛んですが、

どの地区の大会に行っても、出演者はみんな燃えています。

そこまでに頑張った練習や、コンクール独特のステージで、一音一音に魂を込めて一緒に練習した仲間とひとつの音楽を奏でるという演奏経験は、きっと人生の宝物になると思います。

明日も予選大会。子供達がより多く、練習の成果を発揮できるよう、客席からエールを送りたいと思います。

昨日は指導帰りに話題の「シン・ゴジラ」を観てきました。

すごかったです。もう一回見るだろうな…。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に