top of page

吹奏楽コンクール


一昨日は生徒さんや指導している学校の応援ではなく、興味と勉強の意味で、埼玉県吹奏楽コンクール・高校Aの部を聴いてきました。

ぼくは東北のはじっこで中・高校生活を送りましたが、そのころから、全国大会では埼玉勢がいつも上位にいましたし、西関東大会から全国大会にいく学校はほぼ埼玉勢という状況はいまだに続いています。

そんな激戦区埼玉県・高校Aの部、調べてみるとチケットの一般販売は当日券のみ、午前と午後で分かれていて、ひとり1枚しか買えないということでした。

なんとなく心配だったのでかなり早くに行ったのですが、それでも付いた頃にはすでに長蛇の列。 途中からは日も高くなり始め、刺すような日射しの熱に耐えながら販売開始を待ち、なんとか午前のチケットを入手できました。

午前には、越谷南、春日部共栄、伊奈学園、埼玉栄と強豪校が揃っていることもあり、当日券は完売。並んだのに買えないという人もいたようです。

演奏ですが、素晴らしかったです!

上記の高校だけでなく、他の学校も遜色ない素晴らしい演奏が続き、埼玉のレベルの高さに圧倒されました。コンクールをこんな興奮状態が続いたまま見たのは初めての経験でした。

音程やリズムのちょっとのキズが命取りになりそうなハイレベルな戦いで、やはり結果を見てみると、県大会から西関東大会に出場できる9校のうち、7校が午前に演奏した学校でした。(午前は11校が演奏しました)

他の学校も僕からすれば「え!?あの演奏で銅賞なの?」という状況で、記憶は曖昧ですが、僕の高校時代の県大会はこんなにレベル高かったかな…。と思いました。

細かい話は割愛しますが、すごくいろんな事を感じ、学ばせて頂きました。 今後の学校指導や、子供達のレッスンのアイデアがたくさん浮かんできて、パワーを頂いた大会でした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page