top of page

高校Cの部


昨日は吹奏楽コンクール、東京都・高校Cの部の演奏を聞いてきました。

各県、地区でルールや区分は変わるようですが、東京都の高校Cは参加人数が20人という制限があります。人数が少なくてもいいので、部員数の少ない学校も出場できるという反面、パートの人数によって選曲の難しさや、粗があるとすぐ聞こえてしまうので、個々の技術が演奏に反映されやすいといった面もあり、大編成とは違った戦略性も求められると感じました。

デュエット〜小編成はお互いの音もよく聞こえますし、プレーヤー間のコミュニケーションも密にとれるので、個人個人が音楽をより深く考え、感じるという意味で楽しく、とてもよい経験になるのではないかなと思います。

吹奏楽部は夏のコンクールが終わるとアンサンブル・コンテストの準備に入ります。

指導やレッスンのお仕事でいろいろな部活のスタイルがあるなあと感じる今日このごろですが、生徒の子供達には、音楽の、楽器のいろんな楽しさを経験してもらえたらと思います。夏の後は大編成とは違った、音で会話するようなワクワクをぜひ味わってほしいです。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page