top of page

技術の意味


生徒さんのレベルや目的によって多少変わりますが、音楽的な知識がほとんどない状態でトランペットを始める生徒さん向けに使っている教本があります。

音符の種類やシャープ・フラット、スラーやアクセントなど、徐々にこなさなければいけない要素が増えていきます。最初はスイスイ進みますがだんだんと一回にこなせる量は減っていきますが、これは、大人の方でもお子さんでもだいたいそうです。

傾向としてですが、小学生がいちばん、感覚的に吸収できるものはどんどん上達していきます。「あ、トランペットってこんなことできるんだ」と思ったものが、自分でもできるようになる。そういう、イメージ、感覚的につかめたものの吸収は「若さってスゴイ」とつくづく思ってしまいます(笑)

逆に、論理的なこと、知識的なことを頭で処理しながら演奏することはやはり大人の人が得意だなぁと感じます。

前置きが長くなりましたが、今週、とある小学生からエチュードの最中に「こんなことやって意味あるの?」と言われてしまいました。ちょうど、フラットが増えてきて、頭で考えることが複雑になってきています。

「こんなことやって意味あるの?」

僕だけでなく、本当にたくさんの人が学生の時何かの教科で口にしたであろうセリフを自分がついに言われたことにちょっと微笑ましい気持ちもありつつ、同時に「伝わる言葉で説明してあげたいな」と思いました。

「曲の練習ばっかりだとさ、1ずつしか強くなんないんだよ。その曲が終わってまた別な曲を練習ってことも意味はあるんだけど、技術があまり強化されないんだ。基礎力って、ゲームでいうで言う魔法みたいなもんで。ゲームで魔法を覚えると攻撃力を上げたり素早さを上げたりして戦いを有理に進めれるようになるみたいに、こういう理屈をひとつひとつマスターするといろんな曲が今までより簡単に吹けるようになるんだよ♪練習してる最中はわかりにくいんだけど、今、◯◯くんの引き出しをふやしてるんだ。」

男の子だったので、こんな説明をしました。

上手な説明だったかは分からないのですが、ゲームの例えはその子には腑に落ちたようで、エチュードに対してのモチベーションを下げないことに効果があったようでした。

音階練習や、分散和音、リズムパターンなどなど、楽器には機械的で、それだけに覚えることが大変な練習がいくつもあります。

ただ、音楽はそういったいくつもの理論や法則、パターンによって書かれているので、そこをクリアできていると、曲を演奏するときにそのことにさいなまれることなく、表現することにエネルギーを向けやすくなります。今まで苦労してきたフレーズ、曲が楽々と吹けたとき、きっと自分の上達を実感したり、達成感を感じることができると思います。

そういった気持ちよさを味わってもらうためにも、生徒さんとこの退屈な(笑)練習を一緒に戦っていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page