top of page

吹奏楽コンクールとポテトサラダと


お話的には先週末のこと。

自分の先生に誘われて、中野で食事をしてきました。

僕は学校や個人のコンクール指導をしていましたが、先生は審査員として全国を回っていた時期ということで、ぼくの聴いた部門の話なども含めて、話題はコンクールのお話多め、といった会でした。

これはいいことだなと思ったのが、とある地区では審査結果とは別に、際立った演奏をした奏者に

優秀奏者賞のようなものを選ぶ地域があるそうです。

部員数によって少人数クラスにしか出れず、全国大会には上がってこない学校、団体にも突出した演奏技術をもった子はいます。(東京Cの部にも突出して素晴らしい演奏をする子がいました)

そういった子に、「君の演奏はすばらしい」と言ってあげることができるというのは、その子にとってどれだけ励みになるかを考えると、とてもいいことだなと思います。

話の内容には関係ないですが、食事をしたお店のポテトサラダが尖っていました。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page