吹奏楽コンクールとポテトサラダと


お話的には先週末のこと。

自分の先生に誘われて、中野で食事をしてきました。

僕は学校や個人のコンクール指導をしていましたが、先生は審査員として全国を回っていた時期ということで、ぼくの聴いた部門の話なども含めて、話題はコンクールのお話多め、といった会でした。

これはいいことだなと思ったのが、とある地区では審査結果とは別に、際立った演奏をした奏者に

優秀奏者賞のようなものを選ぶ地域があるそうです。

部員数によって少人数クラスにしか出れず、全国大会には上がってこない学校、団体にも突出した演奏技術をもった子はいます。(東京Cの部にも突出して素晴らしい演奏をする子がいました)

そういった子に、「君の演奏はすばらしい」と言ってあげることができるというのは、その子にとってどれだけ励みになるかを考えると、とてもいいことだなと思います。

話の内容には関係ないですが、食事をしたお店のポテトサラダが尖っていました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ