資料作り


吹奏楽コンクールも一段落すると、学校によっては先輩が引退して、新しい体制になったり、すこしずつ来年の準備に入っていきます。季節だけでなく、そんなところからも、1年が終わりつつあるなぁと感じてしまいます。

それはともかくとして、今日は新しい体制で頑張る子どもたちに向けた資料作り。

新入部員を迎えるために、今なにをやったらいいかを一緒に考えてみようかなと思っています。

音を出す。たくさん吹く。これ以外に上達する方法はないですが、自分たちが何をやっているかを、当たり前のことと言わないで、この時期に一度、みんなで確認しておくことは大切なように思います。

毎日つきっきりで指導っていうのはいろんな理由で難しく、顧問の先生方も部活以外の仕事もとても多いと聞きます。どうにか自分たちで上手くなる、練習するサイクルを作っていってもらいたいなあと思います。


最新記事

すべて表示

去年末から今年前半にかけて録音させていただいたいくつかのものが少しずつお披露目になっているようです。 契約上名前を出せないものも色々あるので自分だけわかるみたいなものも多いのですが、それでも自分の手を離れたものが形になってあらためて耳にすることができるのは、やっぱり嬉しいです。 表現や創作は作り上げる課程はたくさん苦しいですし、悩みます。それはそれで振り返った時充実してたなとか、楽しかったなと思う