ドラTと高音


使っていたTカードが、割れて、読み込みができないようなので、再発行しました。

ツタヤにいくと、只今ドラえもんデザインのTカードが作れるということで、作ってもらいました♪

東京駅スイカといい、なんとなく記念デザインに弱い気がします(笑)

昔読んだマンガに「カゴに入れたバッタはカゴの高さ以上にジャンプできなくなる」的なことが書いてありました。ほんとかどうかは知りませんが、ラッパの高い音に関しては、僕の場合はですが、出してないと出しにくくなるタイプなので、使わない音域も一応練習の中で出すようにしています。

今月後半は高音が続くので大変です。

以前お会いした方で、月1回も吹かないけれど、高い音が他の方よりも出るという人がいました。

その方は、一番最初に聞いたトランペットがメイナード・ファーガソンで、

「トランペットの音、音域はこんな感じっぽい」と思って吹いていたそうです。

イメージおそるべし…。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ