top of page

ドラTと高音


使っていたTカードが、割れて、読み込みができないようなので、再発行しました。

ツタヤにいくと、只今ドラえもんデザインのTカードが作れるということで、作ってもらいました♪

東京駅スイカといい、なんとなく記念デザインに弱い気がします(笑)

昔読んだマンガに「カゴに入れたバッタはカゴの高さ以上にジャンプできなくなる」的なことが書いてありました。ほんとかどうかは知りませんが、ラッパの高い音に関しては、僕の場合はですが、出してないと出しにくくなるタイプなので、使わない音域も一応練習の中で出すようにしています。

今月後半は高音が続くので大変です。

以前お会いした方で、月1回も吹かないけれど、高い音が他の方よりも出るという人がいました。

その方は、一番最初に聞いたトランペットがメイナード・ファーガソンで、

「トランペットの音、音域はこんな感じっぽい」と思って吹いていたそうです。

イメージおそるべし…。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page