top of page

アップルミュージック


先週末、定額制音楽配信サービスの大手、「Spotify (スポティファイ)」が日本上陸というニュースに、音楽好きの人達がざわざわしていたようですが、僕も去年から定額制サービスのアップルミュージックを利用しています。

以前、大学生から「CDを買ったことがない」と言われショックを受けたという話をしましたが、最近はYouTube等や、ネット上の曲を検索、バックグラウンド再生できるアプリもあり、多くの方が利用していると思うのですが、僕的に、

・アルバム単位で聴くことが難しい

・マイナー曲のオリジナル音源を探しにくい

・製作者に著作権料が支払われるのか怪しい場合がある(YouTubeの場合はメジャーレーベルは再生数に応じてレーベルに支払われているようです)

という不満がありまして、逆にCDは、CDショップでのアルバイト次代に集めたCDが山ほどありましたが、置き場所がなく、押し入れにしまったCDはほとんど聴かなくなってしまい、ただただ部屋を狭くしていたり、データはデータで、パソコンが壊れたときにデータもなくなってしまう心配がありました。

そんな中、去年の夏にアップルミュージックがスタートしたので、これは!と思いすぐ契約しました。

クラッシックだと、グラモフォン、Warner、PHILIPS、ソニー・クラシカルをはじめ、大型店でないと扱いのないようなCDだと輸入盤しかないようんなレーベルまで相当数の音源を聴くことができます。

(アルバイトは大型店のクラシックコーナーでしたが、少なくとも当時扱っていたCDの6割以上の音源を聴くことができます)

おかげでCDのほとんどを処分することができました。

マイナーな音源や、吹奏楽音源、ジャズも多く聴くことができるのでレッスンや指導、演奏にもかなり役立っています。

また、視聴履歴からのおすすめプレイリストや、関連アーティスト、Appleスタッフがセレクトした、シュチュエーション別プレイリストも充実しているので、契約以前よりも聴く時間が増えました。これは、利用している人と話しをするとみんな聴く量は増えているようです。

以前も書きましたが、たくさん聴くようになるとそれだけで歌い方などに良い影響があります。

気になる方は、試してみても損はないと思います。

世界展開しているサービスは、洋楽・ジャズ・クラシックの品揃えは同じようなので、使い勝手や邦楽、それ以外の好きなジャンルの充実度で選ぶとよいのかなと思います。

Spotify は登録エントリー受付中のようです。制限はあるようですが、無料版もあるので、こちらもよさそうですね。

↓この方の動画の説明が分かりやすかったです。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page