top of page

アップルミュージック


先週末、定額制音楽配信サービスの大手、「Spotify (スポティファイ)」が日本上陸というニュースに、音楽好きの人達がざわざわしていたようですが、僕も去年から定額制サービスのアップルミュージックを利用しています。

以前、大学生から「CDを買ったことがない」と言われショックを受けたという話をしましたが、最近はYouTube等や、ネット上の曲を検索、バックグラウンド再生できるアプリもあり、多くの方が利用していると思うのですが、僕的に、

・アルバム単位で聴くことが難しい

・マイナー曲のオリジナル音源を探しにくい

・製作者に著作権料が支払われるのか怪しい場合がある(YouTubeの場合はメジャーレーベルは再生数に応じてレーベルに支払われているようです)

という不満がありまして、逆にCDは、CDショップでのアルバイト次代に集めたCDが山ほどありましたが、置き場所がなく、押し入れにしまったCDはほとんど聴かなくなってしまい、ただただ部屋を狭くしていたり、データはデータで、パソコンが壊れたときにデータもなくなってしまう心配がありました。

そんな中、去年の夏にアップルミュージックがスタートしたので、これは!と思いすぐ契約しました。

クラッシックだと、グラモフォン、Warner、PHILIPS、ソニー・クラシカルをはじめ、大型店でないと扱いのないようなCDだと輸入盤しかないようんなレーベルまで相当数の音源を聴くことができます。

(アルバイトは大型店のクラシックコーナーでしたが、少なくとも当時扱っていたCDの6割以上の音源を聴くことができます)

おかげでCDのほとんどを処分することができました。

マイナーな音源や、吹奏楽音源、ジャズも多く聴くことができるのでレッスンや指導、演奏にもかなり役立っています。

また、視聴履歴からのおすすめプレイリストや、関連アーティスト、Appleスタッフがセレクトした、シュチュエーション別プレイリストも充実しているので、契約以前よりも聴く時間が増えました。これは、利用している人と話しをするとみんな聴く量は増えているようです。

以前も書きましたが、たくさん聴くようになるとそれだけで歌い方などに良い影響があります。

気になる方は、試してみても損はないと思います。

世界展開しているサービスは、洋楽・ジャズ・クラシックの品揃えは同じようなので、使い勝手や邦楽、それ以外の好きなジャンルの充実度で選ぶとよいのかなと思います。

Spotify は登録エントリー受付中のようです。制限はあるようですが、無料版もあるので、こちらもよさそうですね。

↓この方の動画の説明が分かりやすかったです。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page